蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

数年前から写真を始めました。孤独に活動、前より成長してんのかどうか・・・それで記録観測するためのサイトです。見ていただくことはあまり意識してないm(__)mんです。すいません。
■以前のブログ(ココログ):http://inkpot.cocolog-nifty.com/blog/
「ぼうふら」。それからせめて「蚊蜻蛉(かとんぼ)」になったか?

寒が戻ろうが戻るまいが桜は散る散る、嗚呼非情・・・  | Panasonic Lumix GX7

今朝は大阪鶴見緑地近くの整形外科を訪ねた後、鶴見緑地公園を縦断して桜を眺めて帰った。

TSURUMI_FLOWER-1


時折青空が見えるけど、何となく肌寒い13度。どの写真も少し寒い色で撮っちゃったなぁ。でも印象としてはこんな感じで気持ちも「抜け」が悪い・・・


TSURUMI_GREENPARK-4


首が痛いの冷やさないようにカイロを貼ったりマフラーを巻いてるけど、汗をかくなんて全くない。


TSURUMI_GREENPARK-6


それでも流れる水に色が付いてるわけじゃないけど、なにか柔らかさを感じるし


TSURUMI_GREENPARK-3


なにより裸樹だった木々にも、冷たかった地べたにも、薄緑のペインティングが始まってるじゃないの。


TSURUMI_GREENPARK-2

ワンコだって走り回るのが楽しいだろうなぁ。あ、鶴見緑地はワンコOKなんだ。いつかモコジたちを連れてきてやろう!

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 12mm/f2.0、 45mm/f1.8 、SIGMA 60mm/f2.8 DN

オヤジ くつろぎのひと時。あー、日曜日にハイボールに買ったソーダがあったっけ。

机の上には、先の休日にはす向かいのお宅の奥さんからもらったミモザの花。これよく持つなぁ。
それにお気に入りのカメラ。今撮ってるから写真には出てこない・・・

そして、最近ずぅ~っとヘッドホンオーディオだったので通電してなかったスピーカ。

YAMAHA_SP-1

高さ20センチほどの小さいスピーカだけどならせば結構きれいな音が出る。10年ほど前に買ったミニコンポに5000円ほどはたいて買ったBluetoothレシーバを装着、タブレットのネットラジオやミュージックライブラリを観賞。それが最近の夜のリラックスタイムの過ごし方であります。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025

JR山崎駅で貨物列車を見送りながらチキンカツ弁当を食う  | Panasonic Lumix GX7

なんだかここは鉄道写真撮ってる陽が多いなぁ。検索してみると「朝日新聞DIGITAL」に以下の記事
鉄道ファンの間で絶好の撮影スポットとして人気があった大阪府島本町の通称「サントリーカーブ」にこの夏、フェンスが設置され、これまでのようにローアングルの迫力ある写真が撮れなくなった。ファンは惜しむが、JR西日本は「安全にはかえられない」と理解を求めている。

JR_YAMAZAKI_ST-6


へー、サントリーカーブっていうんだ。と思ってたら「桃太郎だぁーっ!」とお子さんの叫ぶ声。えっ!?とりあえずシャッタを切る。あー、この電気機関車が「桃太郎」なんだね。


JR_YAMAZAKI_ST-5



続けて何枚か。あー、あわてて撮ったのでシャッタースピードが速すぎて貨車が止まってるみたい。残念。ちなみにここで撮影された写真を検索すると、なるほど正面がこっちを向いてるけど大カーブしてるから全社車両が写るんだ。


JR_YAMAZAKI_ST-4



で、粘って撮るかというと最近めっきり粘りがなく、そうそう鉄道写真家でもないし・・・みたいに自分を納得させて家路につく。


JR_YAMAZAKI_ST-2


といって、まだ正午過ぎ。駅前のコンビニで弁当を買ってホームでむさぼる。なんでこんな季節の良い時にJR山崎駅のホームで弁当を食べてるんだろう。


JR_YAMAZAKI_ST-1


天王山側(反対側は淀川方向)の線路を南に眺めれば、なんかとってつけたように派手な花樹が目に飛び込む。


JR_YAMAZAKI_ST-3

何の樹だかわからないけど、これでとりあえず山崎駅のプラットフォームで弁当を食う理由ができた。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 12mm/f2.0、 45mm/f1.8 、SIGMA 60mm/f2.8 DNほか

桜三分 春七分   | Panasonic Lumix GX7

11月から3月初旬までは、サッカーの古傷首からくる毎日の頭痛とひどい肩こり、それをかばって腰痛が悪化、痛みで夜は不眠、痛み止めと不眠で昼は吐きそうなぐらい眠く、痛み止めの常用は胃を悪くして、それらのため気分はウツ化して舞い上がらない・・・と、いいことずくめ(^_^;)

SAKURA_SANBU-1


でもね、こいつが咲き始めると気温も上がり、テンションも上がり、先ほどの負の連鎖を逆方向に季節が進む。これも今では毎年の事。春の訪れであります。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + SIGMA 60mm/f2.8 DN

石の仏に春を聞く・・・けど、えと、何か語ってくれたかなぁ /赤山禅院   | Panasonic Lumix GX7

最近休みは崩れた体調を取り戻すために寝ていることが多いけど、


SEKIZAN_HOTOKE-1


たまにはカラダも動かさねばと、ヨタヨタ床から起きだしてバス停へ向かうのでありました


SEKIZAN_HOTOKE-2


う~ん、何か憑つかれとるなぁ。ふらふらしながらやってきた先は赤山禅院(せきざんぜんいん:
京都市左京区修学院)、半年前土砂降りの雨に濡れて歩いたことを思い出す。


SEKIZAN_HOTOKE-3


赤山禅院には、ちょっと味のある石の仏さん達がたむろ?してる一角は印象に残ってましたんで、まずそっちに・・・


SEKIZAN_HOTOKE-4


おっ、どっかのおじいさんが三脚立てて写真を撮ってる。じゃあ先にほかんとこ散歩してきます!



SEKIZAN_HOTOKE-5


三脚使うほど真面目に写真に取り組んでないけど、三脚でカメラが固定された状態でファインダーをのぞくと、もしかしたら違うものが見えるかもしれないですね。だって普段手ぶれしないようにソッチの方にかなり神経つかっているもの。


SEKIZAN_HOTOKE-6


何かに一所懸命になると、見えるものも見えなくなるもんね。しかし一所懸命になれないおっさんは、あっちこっちに目が移って、それはそれで物事が見えないもんです。


SEKIZAN_HOTOKE-7


↑ちょっといい感じの狛犬さんですね。これは子供をあやしているところか、幼児虐待か、性格の悪い生物にかまれたところか、まあそんなところでしょう。

SEKIZAN_HOTOKE-8


カナヅチとは一つの言葉の様だけど金属の「槌」。小槌は小さい槌。だけど意匠的な打ち出の小槌は決して小ぶりではないですね。結果としてのカネや宝石は出さんでもいいから、アイディアやネタの出る小槌はぜひともほしいものです。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 12mm/f2.0、 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ