蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

数年前から写真を始めました。孤独に活動、前より成長してんのかどうか・・・それで記録観測するためのサイトです。見ていただくことはあまり意識してないm(__)mんです。すいません。
■以前のブログ(ココログ):http://inkpot.cocolog-nifty.com/blog/
「ぼうふら」。それからせめて「蚊蜻蛉(かとんぼ)」になったか?

ツバキの花落ちて  | Panasonic Lumix GX7

せっかく咲いた梅の花もみな落ちてしまうのではないかと思うほど、三連休の初日は風とあられの肌寒い一日。暖かいと、梅を青い空をバックにぼんやり眺めるのに、寒いとどうしても視線が下へ向く。

TSUBAKI_OHITE-1


あっ・・・ツバキ。 ツバキ落とす雪混じる風に春が見え隠れ。



TSUBAKI_OHITE-2


梅にばかり気を取られていたアナタ。アナタを樹の上からずっと見ていました。最後の最後にアナタに私のことを気付いてほしくて、それで冷たい地面の上に降り落ちました。


TSUBAKI_OHITE-3


そんな物語を綴ってみたくなるチョット切ない気持に・・・。


TSUBAKI_OHITE-4



寒の戻り、道に散り落ちたツバキを見て、ああ咲いているときにもっと目出てあげればよかったと後悔。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 12mm/f2.0,Panasonic Lumix G20/f1.7, SIGMA 60mm DN

早春 初瀬の街道をゆく(伊勢街道) ~ 木々に花、道に風 /奈良県桜井市 | Panasonic Lumix GX7

頸椎痛で眠れぬこともできない夜に書くブログシリーズ 第二弾。首肩も棒が刺さったようだし胃も痛くなって何だか連鎖が起きているよう。起きていると今度は腰がきしみ始める。これが遺作になるかもなぁ・・・

HATSUSE_HANANOKI-5


まあ、ともあれ壊れかけている体の痛みを感じられるということは、明らかに生きているってこと。生老病死は「生」の一形態なので悲観することでもないってこと


HATSUSE_HANANOKI-2


横になると首も腰もギシギシきしみだすけど、こうして歩けるということは幸せなんだなぁと思う。そうやって楽しく歩くと、なんだか景色もそれに応えてくれるように思うのであります。


HATSUSE_HANANOKI-7


さて桜はまだまだ先ですが、こうして伊勢街道初瀬の谷間を歩いていると、川横の斜面に


HATSUSE_HANANOKI-9


畑の中に、田んぼの脇に・・・丘の傾斜地に、花の樹が暖かそうに輝いているじゃあありませんか。


HATSUSE_HANANOKI-6


派手なペンキ塗りたての赤鳥居をめざし登り、そしてまた国道に降りて、川に降りて、


HATSUSE_HANANOKI-11


振り返れば陽光を透かして花びらが光ってる。ちょっと前まではそこいらで見かけなかった色ですね。


HATSUSE_HANANOKI-8


秋、自然が織りなす彩色に食欲はそそられるけど、ちょっと寂しさも。
でも春のそれは無条件に心がうきうき躍りますね。


HATSUSE_HANANOKI-1


体内で発令されるのが「冬ごもり」信号か「繁殖」信号かちゅう違いかな。 ところで、この柑橘系は秋の色かしらん? まあいいか。


HATSUSE_HANANOKI-10


むちゃくちゃ自己主張の強い色ではないし、背景に緑のバックアップを得られないところが、春の少し弱々しい風情。


HATSUSE_HANANOKI-3


まだ緑に覆われていない殺風景の中で・・・そうそうああ、あれだ。ツアーのガイドさんがかざす小旗のよう。


HATSUSE_HANANOKI-4


さあ季節よ、野の花よ草よ、我についてまいれ・・・と春の信号旗を掲げてるように感じます。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH., M.ZUIKO 45mm/f1.8, SIGMA DN 60mm/f2.8ほか 十二柱神社~白山神社~春日神社~玉列神社(桜井市)

早春 初瀬の街道をゆく(伊勢街道) ~ 狛犬さんたちの春 /奈良県桜井市 | Panasonic Lumix GX7

正直、大変なことになった。頸椎が痛くて首が回らないし、寝返りも打てず痛みで眠れない。早く帰宅したが横になるとかえって痛くなり、でも朝まで起きているわけにもいかず・・・ブログでも書いて寝たり起きたりして朝を待とうか・・・。

HATSUSE_KOMAINU-9


狛犬さん。毎度よく出てくるキャラクターだけど、稲荷のキツネさんと並んで、結構TAAさんが好きなキャラクターなのだ。何より、そこいらにいっぱいいる。


HATSUSE_KOMAINU-8


生物なら、稲荷のキツネさんと並んで、国内ではそこそこの繁栄をしているといっても良い。(↑春日神社)


HATSUSE_KOMAINU-5


さて、今日は奈良から伊勢を抜ける伊勢街道を歩く。昔はにぎわったメインストリート。伊勢までいかなくても貴族が詣でる場所は街道沿いに幾つも。


HATSUSE_KOMAINU-4


近鉄長谷寺で下車、普段なら初瀬川の谷まで降りて右へ曲がり、長谷寺の門前町を行くんだけど、今日は逆へ歩いてみる。


HATSUSE_KOMAINU-7


そのまま伊勢街道を西へ進めば大神神社(おおみわじんじゃ)へいくけど、今日はカラダが重いので朝倉の玉列神社(たまつらじんじゃ)まで。


HATSUSE_KOMAINU-3


はいはい、狛犬さん。いつも口を開けた「阿形(あぎょう)」、閉じた「ん形」のペアで入り口を眺めてる。


HATSUSE_KOMAINU-6


五十音、ことばのはじまりは「あ」。そして「ん」で終わる。だから何なのかよくわからん。みんなで考えよう。


HATSUSE_KOMAINU-2


↑歯をむいて威嚇しているというより、こういう愛想の良いワンコスタイルのもいて思わず頭をなでたくなる。


HATSUSE_KOMAINU-1


ただケルベロスのように化け物じみた恐怖生物じゃなくて、歯も牙じゃなくて、なんとばるまあるいボディーで、親しみがあるのが日本の!狛犬さんなのだ。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH., M.ZUIKO 45mm/f1.8, SIGMA DN 60mm/f2.8ほか 十二柱神社~白山神社~春日神社~玉列神社(桜井市)

全国に約2,300社ある住吉神社の総本社 住吉大社/大阪市住吉区   | Panasonic Lumix GX7

在庫がそうたくさんあるわけではないけれど、ちょっと季節が進む気配があるので早く蔵出ししておかないと季節と合わなくなりそうで、3月8日に参拝した住吉大社(大阪市住吉区住吉)をアップします。

SUMIYOSHITAISHA-13


さて南海電車(本線)の住吉大社駅から徒歩三分、その短い間の路面を阪堺電車が横切ってます。


SUMIYOSHITAISHA-12


阪堺電車の走る通りを横切ると、もうそこは住吉大社の大鳥居。


SUMIYOSHITAISHA-10


そしてすぐにこの太鼓橋。橋脚は淀君(豊臣秀吉の側室)の寄贈だそうですよ。


SUMIYOSHITAISHA-9


全国に約2,300社ある住吉神社の総本社であるほか、下関の住吉神社、博多の住吉神社とともに「日本三大住吉」の一社。また毎年初詣の参拝者の多さでも全国的に有名(ウィキペディア)」。


SUMIYOSHITAISHA-11


住吉大社で結婚式も良いですね!


SUMIYOSHITAISHA-8


おお、こっちも違うカップルが結婚式ですね。


SUMIYOSHITAISHA-7



遣隋使・遣唐使の頃から海の神として信仰を集め、中世には先の淀君や豊臣秀頼とも関係が深い大社だそうです。(ウィキペディアより)


SUMIYOSHITAISHA-4


本殿も広くて立派です。ま、真ったいら!


SUMIYOSHITAISHA-3


が摂社、末社も数多く周辺にあります。初辰(はったつさん)詣りで商売繁盛!


SUMIYOSHITAISHA-6


↑樹齢1000年巨大な楠のご神体の楠珺社(なんくんしゃ) ↓おもかる石がある大歳社 (いずれも末社)。


SUMIYOSHITAISHA-5


ぶら下がる提灯からも信仰の広がりがわかりますよね。


SUMIYOSHITAISHA-2


大楠にかぶさるように建てられた楠珺社(なんくんしゃ) あの赤い提灯の向こう側はもう超でかい楠。で、あの招き猫?は何?


SUMIYOSHITAISHA-1


大変由緒のある神社ですが、すみよっさんと親しみを込めて呼ばれるように、どこか大阪っぽい庶民的なものを感じる神社です。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 45mm/f1.8, M.ZUIKO 9-18mm/f4.0-5.6ほか

祝!日本一の高層ビル「あべのハルカス」開業 展望台「ハルカス300」で夜景を観る | Panasonic Lumix GX7

ついに大阪阿倍野に日本一(2014年3月現在)の高層ビル(300m)あべのハルカスがオープンしましたので、ちょっとたそがれ時な18時に登ってみました。

abenoharukas300-10



だいたい目が悪いので夜景は苦手、高感度に任せて撮ってるので画がザラザラ粗いのはご容赦くださいませ。


abenoharukas300-9




↑あべのハルカス美術館(3/22開業)のある16階のフロアからエレベータで一気に60階へ。


abenoharukas300-7


60階は空中回廊。あべのハルカス展望台には柵というものがないので、足元までのガラス板の向こうはぜ~んぶ大阪の空なのだ!


abenoharukas300-6


↑60階の展望回廊から58階の天空庭園を見下ろしてます。庭園と言っても広い板張りスペース。ここはいずれイベントなどに使われることでしょう。
地上300mの結婚式なんかもアリか?


abenoharukas300-5


高さ100m、新世界のシンボル通天閣があ~んな下に見えます。通天閣からハルカスを眺めると、ハルカスの孤高がよくわかりますよ。


abenoharukas300-2


↑天空庭園からの眺め。ヘリポート?のふちに書かれた300mが誇らしげですね。


abenoharukas300-4


ああ大阪の街。東京の夜景ほどシュパッと切れる(意味不明)都会感は無いですが、それでも素敵です。


abenoharukas300-3


↑昔ならこういうシチュエーションを思い描いたでしょうが、とんとご縁もなく被写体以外には見えなくなってきたり・・・。


abenoharukas300-8



このあべのハルカス展望台「ハルカス300」からは、全大阪平野は当然、京都の街から比叡山、淡路島から四国、紀州の山々、それに六甲山・・・関西がみんな見える!大阪城だってなみはやドームだって眼下なのさ。


abenoharukas300-1


といいながら夜は見えないけどね。実は晴天のハルカス300も来たことあってそん時はしっかり見えましたよ。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 45mm/f1.8, M.ZUIKO 9-18mm/f4.0-5.6ほか
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ