蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

2012年09月

秋には秋の花が咲くのでございます

四季の花は,その季節になればちゃんと咲いてくれて
AKINOHANA-00403
その季節らしい日本の風景を作ってくれはります。
AKINOHANA-00405
ちょうど今は、夏と秋の交差点。
AKINOHANA-00407
ムクゲへんはまだまだがんばってはりますが、
AKINOHANA-00501
線路沿いには、今やすっかり日本の秋に溶け込んだキバナコスモスが咲き乱れ
AKINOHANA-00504
シュウメイギクはんもやや蒸し暑い初秋の彩り。
AKINOHANA-00510
大学生が長めの夏休みから大学に戻る田んぼの脇には彼岸花。来年の今、アンタはんらをどんなワテが見てますやろか?※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。 Photo:SONY Alpha NEX-5N

モコジとアムロ

アムロです。
 AMUCHAN201209-09699

三歳のレッド毛トイプードル。無邪気に嬉ションして駆け回る軽快トイプー
KamigoryoJinja-00364

そいで、↓左がモコジ。4歳のアプリコット毛のトイプードル。
KamigoryoJinja-00358

チョット神経質だけど賢いオッチャンだ大好きなワンコさん。
KamigoryoJinja-00357
モコジとアムロ、いつもありがとう。

賀茂の河原に秋が来た・・・って感じの日より

北大路橋西詰めで、コンビニで買ったパンを昼飯に食べる。
 KITAOHJI_KAMOGAWA-00067

日差しは直接浴びるとけっこうきついけど、こうして日陰でボンヤリするには過ごしやすくて良い天気。
KITAOHJI_KAMOGAWA-00069

空に広がる雲も何となく秋の雲だ。何となく・・・ってこともないかぁ。
KITAOHJI_KAMOGAWA-00079

京都府立植物園でも行ってみるか。 Photo: Sony α NEX-5N + SEL16F28 + VCL-ECU1


鶴岡八幡宮 源頼朝建立 伊賀国第一の末社「岡八幡宮」 / 三重県伊賀市白樫

なんでも岡八幡宮は、鎌倉の鶴岡八幡宮の末社だそうで源頼朝が建立したそうです。
OKA_HACHIMANGU-09895

で、いきなり山の神はよくワカランですが、怖いがみがみ女房のことを山の神というように、山を支配する山の神は昔から恐れられた女性神のようですね。
OKA_HACHIMANGU-09890

可愛い神馬ですね。ところで源頼朝さんは「全国平定したら鶴岡八幡宮の末社を全国六十余州に建てます!」と祈願したらしいです。
OKA_HACHIMANGU-09897

その1番目が伊賀国の岡八幡宮。つまり岡八幡宮1号。でも頼朝さんは2号に着手する間無く没したので、結局最初で最後の岡八幡宮だそうです。
OKA_HACHIMANGU-09898

何度も主幹が倒れたのか、手当てされたご神木が、それでもこんな高さになって秋空高くそびえていました。 PHOTO:SONY ALPHA NEX-5N

銭湯 一乃湯/伊賀市西日南町

何か面白いものでもないかと、ある名所から少し足を伸ばしてみると・・・
MINOMUSHIAN_IGA-09871

えっと・・・たぶん銭湯・・・でしょ。
MINOMUSHIAN_IGA-09874

古風な鉄門の奥に、その時代の風呂屋の典型的な玄関先が。
MINOMUSHIAN_IGA-09879

ほらね。一乃湯ってネオンサインに書いてあるじゃないのさ。ネオンサインの上部にはあの温泉マークがあったんだけど、不覚にも撮影されてない(T_T) @伊賀市

みの虫の音をききにこよ草の庵 松尾芭蕉/蓑虫庵 伊賀市

三重県の伊賀市は俳人松尾芭蕉の出身地です。
MINOMUSHIAN_IGA-09809

芭蕉に関係のあるここ蓑虫庵(みのむしあん)へやってきました。
MINOMUSHIAN_IGA-09817

蕉門伊賀連衆である服部土芳が建てたものです。
MINOMUSHIAN_IGA-09823

元禄元年(1688)三月のオープンです。
MINOMUSHIAN_IGA-09825

↑これはだいぶ後になって建てられた芭蕉をまつるお堂です。
MINOMUSHIAN_IGA-09827

芭蕉が訪れ「みの虫の音をききにこよ草の庵」と詠んだのでこの名前が。
MINOMUSHIAN_IGA-09831

蓑虫の音(ね)も蚊蜻蛉の唄も、決してマイクでは拾えない音。
MINOMUSHIAN_IGA-09857

秋になれば様々な虫の音(ね)がこの庵では聞けて、その音や月の光、静かな夜を詠んだことでしょうね。
MINOMUSHIAN_IGA-09858

それにしても音のない「蓑虫の音」を聴いたり、夏ゼミの喧噪に静けさを感じる感性・・・持ちたいですね。

苛烈な残暑に干上がるため池/伊賀市

残暑!と言うにふさわしく日差しがキラッと突き刺すような日です。
TAMEIKE_IGA-09765

まあ、こんな百日草を眺めながら坂道を上がっていくと
TAMEIKE_IGA-09767

どぉ~ん! 池底に群生する菱のようですね。
TAMEIKE_IGA-09772

んで、蓮も。
TAMEIKE_IGA-09786

中央の葉っぱの陰に白いものが、これが菱の花ですよね。きっと。
TAMEIKE_IGA-09781

朽ちた構造物。その向こうに・・・
TAMEIKE_IGA-09789

長く伸びる鉄パイプのようなもの。
TAMEIKE_IGA-09796

池底の水抜き栓につながっているのでしょうか。
TAMEIKE_IGA-09802

問題は解決していないけど、先へ進もう。



応仁の乱発祥の地 上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)/京都市上京区上御霊前通

上御霊神社(かみごりょう)
KamigoryoJinja-09943

室町時代の文正2年(1467年)1月18日、失脚した管領の畠山政長と畠山義就との私闘が境内の森で行われた。(wikipedia)
KamigoryoJinja-09949

御霊合戦は翌年勃発の応仁の乱の前哨戦となり、応仁の乱発祥の地とされる(wikipedia)
KamigoryoJinja-09955

京都地下鉄鞍馬口駅から東へ少し。
KamigoryoJinja-09957

大きな通りから少し入っているのでクルマの音も余りせず静かです。
KamigoryoJinja-09960

今回は、地下鉄駅から下賀茂神社へ行く途中立ち寄ってみたけど、
KamigoryoJinja-09990

普通は観光コースでも何でもない道。
KamigoryoJinja-09993

境内もひっそりとしていますね。
KamigoryoJinja-00005

最近はこういう静かな古刹でゆっくり時間を過ごすのがマイブームであります。
KamigoryoJinja-00015
カメに子供が落ちて大慌て、だけど沈着冷静なヒトはカメの底を石でぶち割って無事救出。。。の図
   Photo:Sony Alfa 5EX-5N

ざわわわわ 風の音と自分だけの三田神社/伊賀市

三重県伊賀市のとある神社つか三田神社。たまたま立ち寄った神社です。
MITAJINJA_IGA-09709

特にどっかで紹介されている様子もない・・・けど。
MITAJINJA_IGA-09715

このたたずまいが何か気になる。
MITAJINJA_IGA-09722

たたずまいに誘われて来たワケじゃなく、「三田神社こちら」と看板があったから
MITAJINJA_IGA-09746

日差しはものすごく強い九月中旬の休日、ここを通る風がサラサラと短冊を鳴らす。
MITAJINJA_IGA-09743

何でここへ来たんでしょ。拝殿を抜けその先の階段を上る。
MITAJINJA_IGA-09736

えっと・・・名前を書いたら良かったのかなぁ・・・
MITAJINJA_IGA-09739

こういうのを見ると、何故かウチのばあさんとかその姉妹を思い出す。
MITAJINJA_IGA-09751

誰とも会わない2,30分、ざわわわわ、ざわわわわ 風の音と自分だけの楽しい時間。
Photo: Sony α NEX-5N + Nikon Lenzs

足利義政が鹿苑寺の金閣をまねて建てました「銀閣寺(慈照寺)」

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
遠くでゴロゴロこの季節特有の天気、哲学の道を北上し銀閣寺までたどり着きました。銀閣寺は、室町幕府八代将軍の足利義政の山荘東山殿を起原とし、

GINKAKUJI_HIGASHIYAMA-09633

義政没後、臨済宗寺院となり彼の法号にちなんで慈照寺と名付けられました。(銀閣寺HPより)

GINKAKUJI_HIGASHIYAMA-09638

ここは金閣寺のようなぴかぴかではなく

GINKAKUJI_HIGASHIYAMA-09645

むしろ、白(砂)と緑(馬酔木)のお庭が特徴かと思います。

GINKAKUJI_HIGASHIYAMA-09657

「銀沙灘」(ぎんしゃだん)という砂の海の向こうに「向月台」と呼ばれる富士山型の小山がシンボルですね。

GINKAKUJI_HIGASHIYAMA-09662

今にも雨が降りそうな銀閣寺で、「銀沙灘」(ぎんしゃだん)も白く輝いてはいませんが

GINKAKUJI_HIGASHIYAMA-09663

落ち着いた銀閣寺が拝観できました。これで蒸し暑くなければ・・・

GINKAKUJI_HIGASHIYAMA-09666

流石にこの空模様と暑さで、この後大文字山まで登る気にはなりませんでした。なんとか雨はふらなんで良かった。     
Photo: Sony αNEX-5N

如意嶽(大文字山)の登り口 八神社/銀閣寺すぐ北側

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
哲学の道北端、銀閣の前を北へ通り過ぎると正面は八神社。シンプルな名前。それにしても・・・暗い。

HACHI_JINJA-09589

上のほこらの前を右に行けば如意嶽(大文字山)への登山道となります。

HACHI_JINJA-09592

曇りがちだった空は一段と暗くなり、遠くの方では雷鳴が・・・

HACHI_JINJA-09599

lこの日も修学旅行生でごった返す銀閣寺門前と100mぐらいしか離れてないのになんて静か・・・

HACHI_JINJA-09610

それにしても暗くなって、銀閣寺に入ったものか帰ろうか・・・  
 Photo: Sony αNEX-5N

明治の水路「琵琶湖疎水」が通る東山の南禅寺

京都地下鉄蹴上駅から徒歩数分、臨済宗南禅寺派大本山 南禅寺です。
NANZENJI_HIGASHIYAMA-09403

いつもながら(そうそうは変化しないけど)デカイ門です。
NANZENJI_HIGASHIYAMA-09405

横から見ても
NANZENJI_HIGASHIYAMA-09406

中に入ってもデカイ。上に登るとこれまたデカイ。文芸的には石川五右衛門が楼上で「絶景かな!」と叫んでいる。
NANZENJI_HIGASHIYAMA-09412

ここには明治時代,琵琶湖から京都に山を抜いて引かれた琵琶湖疎水が通っていて
NANZENJI_HIGASHIYAMA-09418

琵琶湖疏水水路閣の名前で↑こんな風に記念撮影の人気スポット。
NANZENJI_HIGASHIYAMA-09420

味気ない現代のユーティリと違って煉瓦は味があるなぁ。
NANZENJI_HIGASHIYAMA-09428

この周りはモミジが多いので11月頃また来ようかな。   Photo: Sony αNEX-5N

狛ねずみ・狛トビ・狛サルの大豊神社(おおとよ) 哲学の道

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
哲学の道を山側に逸れ緩やかな坂道を登ったところに大豊神社があります。

OTOYO_JINJA-09454

この神社のユニークなキャラ達が好きです。

OTOYO_JINJA-09462

その一部をご紹介しましょう。

OTOYO_JINJA-09464

語りかけるような狛×さんたち。

OTOYO_JINJA-09469

狛ネズミや狛サルというのでしょうか?

OTOYO_JINJA-09488

何度も来て撮ってるのに、毎度撮影して帰ります。

OTOYO_JINJA-09503

はい、お邪魔しましたm(_ _)m  
  Photo: Sony αNEX-5N

本山獅子谷法然院(ほうねんいん) 哲学の道

京都地下鉄東西線 蹴上駅で降り南禅寺から銀閣寺(哲学の道)をあるいてきました。

SHISHIGATANI_HONENNIN-09556

本山獅子谷法然院(ほうねんいん)と呼ばれていますが、地元の町名は鹿ヶ谷(ししがたに)です。
SHISHIGATANI_HONENNIN-09558

鹿ヶ谷といえば法然さんゆかりの地。南無阿弥陀仏の法然さんです。
SHISHIGATANI_HONENNIN-09560

と、知ったようなことを書いているけど、ホントはあまり知りまへん。
SHISHIGATANI_HONENNIN-09571

でも落ち着いていてTAAさん的には好きな場所であります。
SHISHIGATANI_HONENNIN-09580

清水寺のある五条、四条の方の東山も賑やかでよろしおますけど、
SHISHIGATANI_HONENNIN-09583

こちら、三条より北の東山の風情もなかなか良いものでございますねぇ。Photo: Sony αNEX-5N

残暑も厳しい九月初日、嵯峨野天竜寺辺りを散策

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
暑い中、郵便屋さんお疲れ様です。

SAGANO_TENRYUJI-09235

嵐山の駅(京福電気鉄道嵐山本線)

SAGANO_TENRYUJI-09237

天竜寺はお庭が有名。

SAGANO_TENRYUJI-09325

庭に出ると暑いですね。やっぱり。

SAGANO_TENRYUJI-09326

方丈でゆっくり庭を眺めるにかぎります。

SAGANO_TENRYUJI-09345

多種多様な植物。植物園のようです。

SAGANO_TENRYUJI-09324

あと二月もすれば紅葉で覆われるのでしょうね。

SAGANO_TENRYUJI-09321

えー、読めません。

SAGANO_TENRYUJI-09352

JR嵯峨野嵐山の駅まで戻ってきました。トロッコ列車の駅はすぐ隣です。

SAGANO_TENRYUJI-09375

暑かった・・・(;´Д`)  
 Photo: Sony αNEX-5N + 10-24mm/19mm/35mm/55mm
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ