沖縄県の読谷村は焼き物の工房が集まるエリアがあります。やむちんの里、やむちんとは焼き物のこと。


OKINAWA_YOMITAN-5


登り窯ですね。関西でよく行く焼き物里はほとんど商品をガスで焼いているよう。クリーンだしコントロールしやすいし、何より煙害がないし。


OKINAWA_YOMITAN-1


でも、ここ読谷村ではいい雰囲気があって「もしかしたら薪で焼いてるんじゃないだろうか」って思ってしまうんですが、あんまり根拠はありません。


OKINAWA_YOMITAN-2


何だか素朴で、信楽焼のような土の匂いのする焼き物ですね。あいや、やむちん。


OKINAWA_YOMITAN-6


結構お値段のはるちょっとしたぐい飲みなんか見つけると、酒も飲まないのにほしくなったり。昔はぐい飲み集めてたんだけどな。


OKINAWA_YOMITAN-4


学生の時の良く言っていた「ほうとう」のお店は、きれいな店のお嬢さんがかごに入れたぐい飲みを持ってきて選ばせてくれたんです。


OKINAWA_YOMITAN-3


ああ、あのお嬢さんももう六十に届いてるかも知れないなぁ・・・ いやいや、ここは沖縄。意識を集中するんだ!


OKINAWA_YOMITAN-7

そうだ、それに「ほうとう」は山梨、沖縄は「そーきそば」じゃないの。すいません、あんまし美味しいとは思わないのですが、今回も一杯は食べて帰ります。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ほか