蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

京都市内

【最終回】桂離宮 /京都市西区桂

ずいぶん放置していたので、蔵出し写真で最終回としておこう。

KATSURA-RIKYU-1


京都の桂という嵐山の南に位置する川沿いの場所にある。


KATSURA-RIKYU-2


宮内庁の管理する施設になっているので、何時でも自由に拝観するというわけにはいかない。


KATSURA-RIKYU-8


この日は、宮内庁のホームページから申し込んでたまたま抽選にあたったので、午後から休みを取り参観に向かった。


KATSURA-RIKYU-10


ここも、以前にアップした京都御苑もそうだが、拝むところではないので拝観ではなく参観という言い方をするようだ。


KATSURA-RIKYU-3


年配者ばかりかと思っていたけど若い方、留学生や海外からの旅行者のような人が結構多い。参観は約一時間。


KATSURA-RIKYU-4


桂離宮は江戸時代の皇室関係の八条宮の別邸として建てられたそう。


KATSURA-RIKYU-5


離宮内には、江戸時代最高の意匠が敷地すべてにちりばめられている。


KATSURA-RIKYU-7


しかし、けっして夜のネオンサインのようにお互い争うようにして興ざめすることなく、むしろうまく調和しあって景観を作っている。


KATSURA-RIKYU-6


しかも、平面立体の3次元だけではなく、季節という時間の中でどう世界を作るのかという高度な計算がそこにはある。


KATSURA-RIKYU-9


京都御苑のように一時間は瞬く間に過ぎていく。写真なんぞ撮っていると、ゆっくりそれを味わう暇もない。いつか手ぶらでゆっくりと歩いてみたいものだ。
 <終わり>
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ほか

石の仏に春を聞く・・・けど、えと、何か語ってくれたかなぁ /赤山禅院   | Panasonic Lumix GX7

最近休みは崩れた体調を取り戻すために寝ていることが多いけど、


SEKIZAN_HOTOKE-1


たまにはカラダも動かさねばと、ヨタヨタ床から起きだしてバス停へ向かうのでありました


SEKIZAN_HOTOKE-2


う~ん、何か憑つかれとるなぁ。ふらふらしながらやってきた先は赤山禅院(せきざんぜんいん:
京都市左京区修学院)、半年前土砂降りの雨に濡れて歩いたことを思い出す。


SEKIZAN_HOTOKE-3


赤山禅院には、ちょっと味のある石の仏さん達がたむろ?してる一角は印象に残ってましたんで、まずそっちに・・・


SEKIZAN_HOTOKE-4


おっ、どっかのおじいさんが三脚立てて写真を撮ってる。じゃあ先にほかんとこ散歩してきます!



SEKIZAN_HOTOKE-5


三脚使うほど真面目に写真に取り組んでないけど、三脚でカメラが固定された状態でファインダーをのぞくと、もしかしたら違うものが見えるかもしれないですね。だって普段手ぶれしないようにソッチの方にかなり神経つかっているもの。


SEKIZAN_HOTOKE-6


何かに一所懸命になると、見えるものも見えなくなるもんね。しかし一所懸命になれないおっさんは、あっちこっちに目が移って、それはそれで物事が見えないもんです。


SEKIZAN_HOTOKE-7


↑ちょっといい感じの狛犬さんですね。これは子供をあやしているところか、幼児虐待か、性格の悪い生物にかまれたところか、まあそんなところでしょう。

SEKIZAN_HOTOKE-8


カナヅチとは一つの言葉の様だけど金属の「槌」。小槌は小さい槌。だけど意匠的な打ち出の小槌は決して小ぶりではないですね。結果としてのカネや宝石は出さんでもいいから、アイディアやネタの出る小槌はぜひともほしいものです。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 12mm/f2.0、 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6、Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025

鉄の塊なのに温かみを感じる蒸気機関車さん、だって実際熱いんだもん /梅小路蒸気機関車館   |  Panasonic Lumix GX7

京都市下京区梅小路の「蒸気機関車館」続き・・・

UMEKOJI_SL-1


何度もブログに書いているけど、中学生のころまでこの景色は身近にあった。


UMEKOJI_SL-2


三重県の亀山機関区ってところにはかなり遅い時期までSLが沢山停まっていた。


UMEKOJI_SL-4


亀山駅と津駅を結ぶ山の中を走る紀勢線はしっかりSLで、観光用じゃなくて実用としてソレに乗って津まででかけたものだ。




UMEKOJI_SL-3


あの、もう映画とかでしか聞けない、ボッボッボッ・・・って音、ビャォーーーーッ!って汽笛。


UMEKOJI_SL-6


石炭の煙の臭い・・・


UMEKOJI_SL-5


ここ梅小路でも機関車を走らせているけど、上質の石炭を使ってるためか?あの懐かしい匂いとうっとおしいぐらいの煙はないんです

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 45mm/f1.8, M.ZUIKO 9-18mm/f4.0-5.6ほか

勝林院で四苦八苦する/京都市左京区大原   |  Panasonic Lumix GX7

歳をとって気が弱くなっておる。暖かくなりそうでなかなか許してはくれぬこの寒さも身に沁みる。

SHOURIN_IN-4


根本的な苦を「生・老・病・死」の「四苦」という。
しかもじゃ、この四苦はひとの思うがままには絶対にならぬのじゃ。こりゃマズローでいうところの生理的欲求・安全欲求の裏返しじゃの。


OHARA-1


さらにウィキペディアで調べてみると、
愛別離苦(あいべつりく) - 愛する者と別離すること
怨憎会苦(おんぞうえく) - 怨み憎んでいる者に会うこと
求不得苦(ぐふとくく) - 求める物が得られないこと
五蘊盛苦(ごうんじょうく) - 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

おお、こりゃ人間らしい苦じゃのぉ。この醜さがたまらんのぉ。これが「八苦」じゃ。



SHOURIN_IN-5


求不得苦(ぐふとくく) - 求める物が得られないこと  ・・・って、次元の低いカメラオタクオヤジなら「物欲」のことか?(※narutoさんのことではない・・・かも) まあそれは経済活性化のエナジーになる。 っもっと高次元で言えば自己実現ってやつか? こりゃ前向きなエナジーになる。


SHOURIN_IN-1


まあ、「四苦」では生命として存在すること自体が苦・・・自然環境下に組み込まれておるから、完璧に隔絶し生命維持装置でもつけない限りのがれられんちゅうことなんか?


SHOURIN_IN-3


さらに「八苦」。これがあるから人間らしく努力っもするし知恵も出す。ん?どっちが先か。人間らしく生きるから苦があるのか?


SHOURIN_IN-6


 「苦」が無いと「楽」も「悦」もないけど、人生終わるときには合わせてトントンかもしれんなぁ。プラスがあるとすれば、成果ではなく「まあ自分、よう頑張ったなぁ」って満足感ってとこぐらいのモンやろか。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 12mm/f2.0,Panasonic Lumix G20/f1.7, SIGMA 60mm DN

梅は桜は・・・おしぃっ!あとちょっと。   |  Panasonic Lumix GX7

三月に入ったので、梅も見頃かときょろきょろ。 (観智院)

UME_HA_SAITAKA-4


もうちょっと花がついてくれるとうれしいなぁ。 ↓ここもね・・・ (梅小路公園 奥は京都水族館)


UME_HA_SAITAKA-3


ふらふら彷徨う京都の街に・・・おっ!何、この華やいだ雰囲気は・・・、 (↓興正寺)


UME_HA_SAITAKA-2


ついに見つけた!満開っぽいですよ!春ですよ! しかし・・・


UME_HA_SAITAKA-1


ハラリと目の前を横切るピンクの小片の行き着く先、玉砂利の地面が早くもピンクに染まっている・・・ああ、なんて悲しいの。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 12mm/f2.0,Panasonic Lumix G20/f1.7, SIGMA 60mm DN

ジオラマ(Diorama)の風景 ~ 梅小路蒸気機関車館のレイアウト   |  Panasonic Lumix GX7

京都市下京区の梅小路には京都水族館に隣接し「蒸気機関車館」がありまして

SL_UMEKOUJI-5


こういったジオラマや鉄道レイアウトがありまして、よくできているのでいつも見入ってしまいます。


SL_UMEKOUJI-4


薄暗い部屋でジオラマをじぃっと観てますとなんだかドラマがあるようで、


SL_UMEKOUJI-3



楽しくあるのです。まるで連結器のガシャンキーキーという音やタンタンタというようなレールの響きが聞こえてきそうです。


SL_UMEKOUJI-2


最近は、実風景をジオラマ風に撮影するモードを持ったデジカメが増えてきてますが、



SL_UMEKOUJI-1


これは本物のジオラマ
。しかし、写っているものは本物の実物のように見えてきませんか。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 45mm/f1.8

平安時代創建の天台声明道場 来迎院(らいこういん)/左京区大原   |  Panasonic Lumix GX7

「天台声明道場」って何よ・・・って聞かれてもよくわからんですが  (↓来迎院への坂道の途中)

RAIGOIN_OHARA-1


ここ京都大原は「日本での声明の発祥地は三千院のある大原魚山である。」とウィキペディアにもあるように 

 (↓三千院の朱雀門 来迎院へはこの脇の坂を上っていく・・・)

RAIGOIN_OHARA-8


その「声明」とかかわりの深い場所のようですね。で、声明って何やねん?   (↓来迎院の門)


RAIGOIN_OHARA-2


来迎院の本堂にあるスイッチをポチッとすると、その声明が流れてきます。流れてくるのはソウメンではなくて声明。 
 (↓来迎院の鐘 残雪の照り返しで屋根が明るい)

RAIGOIN_OHARA-7


いや、だから声明ってなによ。ウィキに頼ろう。「キリスト教に賛美歌があり聖歌隊がいるように、仏教にも仏教を賛美してお経に節をつけて歌う専門の僧侶がいた」・・・ほうほう。   (↓なんか知らんけど仏具)

RAIGOIN_OHARA-5


そういうわけだ。その聖歌隊の道場だったんだね、ここは。


RAIGOIN_OHARA-6


「平安時代初期に最澄・空海がそれぞれ声明を伝えて、天台声明・真言声明の基となった。」(ウィキ) あの方々は大変偉いのでさまざまなものを日本に伝えたんですね。


RAIGOIN_OHARA-4


最澄さん空海さんがスーパーマンみたいに見えます。もしかしたら
最澄隊とか空海軍団(おお語呂が良い)などの学術チームだったのかもしれませんね。


RAIGOIN_OHARA-3


それにしても大原は空気が冷たいわぁ。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025,SIGMA 60mm F2.8 DN, M.ZUIKO 45mm/f1.8ほか

大原 寂光院への道/左京区大原   |  Panasonic Lumix GX7

春らしい華やかな花の写真も在庫にはあるんだけど、


JAKKOIN_OHARA-1


今日もまた寒そうな風景をアップしておこう。


JAKKOIN_OHARA-2


寒そうというか、ホントに寒い。京都市内も結構寒いけど、ここ大原は空気がシンと体に浸み込むように冷たい。


JAKKOIN_OHARA-3


なんでもない景色ばかりで、もしご覧になってる方がおられたら申し訳ないのだけれど・・・


JAKKOIN_OHARA-4


自分の「ううっ、ざぶぅ~っ!&何か寂しげ」、と思ったところでシャッターを切ってる。


JAKKOIN_OHARA-8


その空気が伝わるようになれば、プロなんだけどなぁ・・・。 まあ良い、ここは旅の記録。


JAKKOIN_OHARA-7


季節のせいもあるけど、大原のバス停から三千院と反対側へ向かう寂光院への道は人の数も少なく  


JAKKOIN_OHARA-5


なんだか寂しさがよく似合う。お寺の名前も寂光院。


JAKKOIN_OHARA-6


寂光 ・・・ 安らかで、静かな光。真理の寂静とその智慧の働きとしての光照。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025,SIGMA 60mm F2.8 DN, M.ZUIKO 45mm/f1.8ほか

雨の京都御所参観(その2)  | Panasonic Lumix GX7

さて雨の京都御所参観(その2)ということで、相変わらず樹と門から始まりますけど

KYOTOGOSHO3-2


降りしきる雨はt時折小止みのふりをしては裏切ります・・・けど雨降りでも参観は中止になりません。雨でも見ごたえという意味では期待を裏切るものではありません。(↓建春門)


KYOTOGOSHO3-9


参観時間は60分。思ったより、というか全然短く感じます。説明中に群れの周りを迂回しながら、あるいは説明が終わって人が離れてから遠慮がちに撮っているので、写真も80枚だけ。これでも結構忙しいです(^_^;)


KYOTOGOSHO3-10


↑紫宸殿 そうそう写真と言えば、今回大きな建物を撮るので広角レンズが必須だな・・・と思いつつ何故かバッグに入っていない(T_T) でも実際はそう困らなかったんです。なぜでしょう。


KYOTOGOSHO3-7


(↑清涼殿へのくぐり門わきの凝った垣 ↓清涼殿の戸絵)
それはですね、確かに建物は巨大だったんですけど、敷地も巨大なのでそう近接せず(あるいはさせてもらえず)だったので画面に十分入ったからです。


KYOTOGOSHO3-3



↓清涼殿は時代ごとに使われ方が違ったようで、天皇の居住場所であったり式典の場になったり。↓これは式典モードですかね。うちの先祖はここで何か授けてもらったことあるのかしら?


KYOTOGOSHO3-8


雨は降りしきるのですが、もし昨日(金曜日)だったら雪の御所だったでしょうね。奈良は雪だるまが余裕で作れる積雪でこの土曜日にも団地内は真っ白でしたが京都はそうでもなかったようです。


KYOTOGOSHO3-6



御池庭を右に眺め玉砂利の道を進みます。さすが御所の庭、全体が大きいだけじゃなく橋や灯篭、石、それに樹がそれぞれ立派。見ごたえがあります。ああ・・・ガイドさん、そんなに早くいかないで。


KYOTOGOSHO3-5


池のほとりで雨の中ぼんやりしてみたいですけど、ぼんやりする時間もないし、池の傍まで行くこともできません。仕方がない・・・


KYOTOGOSHO3-4


↑あとふた月ほどした頃、最高の贅沢はここに船を浮かべて遊ぶことでしょうか。ホンワリと温かい日差しを浴びで、昼間っから船の上でほろ酔い・・・ああ、やんごとなき贅沢タイム。  


KYOTOGOSHO3-1


この季節の雨は二通り、みぞれが混じる冷たい雨と、冷たいけど春の匂いのする柔らかい雨。春を感じる雨に濡れて歩くあっという間の1時間。短縮コースというのもありますがそりゃありえないですよ。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020 、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 (京都御所:要予約)

雨の京都御所参観(その1)  | Panasonic Lumix GX7

2月15日の土曜日は雪の金曜日を引き継いで朝からずっと雨模様尾。予約制だからしかたないので、やや重たい気分で雨具の支度をして京都御所へでかけました。

KYOTOGOSHO-2


京都市内の中心部に広大な敷地をもつ京都御苑。有名な蛤御門などいくつかの門と塀に囲まれたその中は京都市街の蝉噪とはまた別の世界ですね。(↑中立売門)


GOOGLE_KYOTOGOSHO

↑今回は御苑の中、京都御所の参観に行きました。↑受け付けは上のGoogleEarthにある清所門派出所。その派出所のある築地塀の囲みが京都御所です。1時間コースの参観は御所の南半分をめぐります。

KYOTOGOSHO-1


↓少し時間があったので白雲神社をウロウロ・・・するほど広くはないのですが、御苑は広すぎていったん動き出すと雨宿りする場所が・・・ないので。オケに水が落ちた瞬間・・・同心円の波紋は撮れなかった・・・


KYOTOGOSHO-8


相変わらずぽしゃぽしゃと雨が降り続きます。多少の雨では傘をささない私ですが、今日は傘持ち片手撮りかな。


KYOTOGOSHO-7


御所の清所門派出所で受け付けを済ませると、↓この待合所でガイドさんが来るまで待ちます。こんな雨でも数十名が参加されてました。


KYOTOGOSHO-6


さあ、ツアーの開始。みんな熱心に聞いてます・・・が、終始グループの周りをウロウロして話も聞かずに写真撮ってる若干名のオヤジがいたりします。ビデオや写真撮影はOK。ただし、グループ行動は守りましょう。


KYOTOGOSHO-5


↓これは御所の最も南「建礼門」。初めてこっち側から見ました。特別な時にしか開かれることはありません。  


KYOTOGOSHO-4


↓他建物そっちのけで立派な樹を撮ってたりします。こういう年季を感じさせる樹は良いですね。御所内には大変多かったですよ



KYOTOGOSHO-3


えっ?樹なんかどうでもよくて御所の建物はどうなってるのよ。ですよね。じゃあついでにもう一枚・・・また門、東側の「建春門」


KYOTOGOSHO2-1


(その2)を書く時までに見繕っときます。ではまた。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020 、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 (京都御所:要予約)

豊国神社(とよくにじんじゃ)神号「豊国大明神」を下賜された豊臣秀吉を祀る/東山区  | Panasonic Lumix GX7

三十三間堂や国立京都博物館の北側にこの神社はあります。神号「豊国大明神」を下賜された豊臣秀吉が祀られている豊国神社。

GOJO-3



豊臣秀吉死後、本人も神として祀られたかったようだし、朝廷からも大明神の称号が与えられもしました。


GOJO-2



しかし、その後跡継ぎの秀頼も大坂夏の陣でああなり、豊臣は断絶。
 


HOKOKU_JINJA-4


豊臣秀吉の人気も巷にあふれる浪人たちも徳川家康にとってはまだ脅威であったに違いありません。  


GOJO-1



なにやかかにやら、死後の豊臣秀吉の扱いには紆余曲折あったのでしょうね
。さて豊国神社の門前には小さな公園「耳塚公園」がありますが、その公園の向こうの塚の上に塔が見えます。


HOKOKU_JINJA-2


秀吉の朝鮮出兵時に戦いの実績(その証拠)として相手の鼻をそぎ落とし塩漬けにして日本に運んだそうです。そして見聞後に供養された場所がここ。その数2万。


HOKOKU_JINJA-1


その後、鼻そぎは残酷だということで名前が耳塚になったそうですが、現在は在日朝鮮人の皆さんからの非難で観光地から外されているそうです。(ウィキペディアより)
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 、LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020 (東山区 豊国神社前)

渉成園(しょうせいえん) 池泉回遊式庭園をもつ東本願寺の飛地境内地  | Panasonic Lumix GX7

このブログを始めた時、やたらダラダラ写真を載せるのもな~なんだしなぁ~

SHOUSEIEN_HONGANJI-1


と、その時厳選したものを載せた方が、後々比較してみて写真の内容が変わったとかわかるんじゃないかと思ってました。


SHOUSEIEN_HONGANJI-2


けれど、どこかに行ってこんなの見たよという記憶も大事。


SHOUSEIEN_HONGANJI-3


はっと気が付けば、いつアルツハイマーになってもおかしくない歳だし、若年でも物忘れひどい人はかなりだし


SHOUSEIEN_HONGANJI-4


やっぱ、旅日記とか見てある記的なもんも、それはそれで好きだしね。



SHOUSEIEN_HONGANJI-5


そんなわけで、あるものはみんな記録しておこうと思います。
  

SHOUSEIEN_HONGANJI-6


あれ? 誰か向こう岸に立ってるよ↑ 美人と京都タワーですね。ここは東本願寺さんの庭園「渉成園(しょうせいえん)」


SHOUSEIEN_HONGANJI-7


四季折々、いろいろな草花で楽しめるらしいけど、さすがに真冬はちょっと殺風景かな。


GOJO-4


↑これはよく渉成園の写真で出てくるなで肩の門ですね。正式には・・・ええと・・・あ、ガイドブックが無くなった。


SHOUSEIEN_HONGANJI-9

あれは何、これは何と、ちゃんとした名称を書こうと思ってたのに、渉成園で頂いた立派なパンフレットがどっかに言ってしまいました。


SHOUSEIEN_HONGANJI-10


次は秋に来るかな
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 、LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020 (京都市下京区烏丸通七条上る)

世の女性が皆生き生きと健康でありますように 女人守護 市比賣神社(いちひめじんじゃ)  | Panasonic Lumix GX7

女人守護 市比賣神社(下京区)の姫みくじ↓ 女性たちの祈りが強運と魔よけの色、赤の姫人形に書き綴られています。


ICHIHIME_JINJA-4


↓もちろん恋愛成就、
良縁・縁談、安産などなど女性に限ったお願いごとではありませんけど・・・ 
(手元が見えず残念・・・姫みくじにお願い事を書いているところ)  


ICHIHIME_JINJA-1


昔の女性は置かれた立場が従属的であったためか、古来女性は男性よりも運命に身をゆだねる傾向が強く、祈りや占いを大切にしてきたように聞ききます。その願いをちゃんと聞いていただけます。


ICHIHIME_JINJA-3


書いた姫みくじはこの井戸の上に作られた桁の上に納めます。この湧水は落陽の七名水の一つ、「天之真名井(あめのまない)」 だそうで、お茶・書道・お華の水として持ち帰られる方も多いようです。


ICHIHIME_JINJA-2


でも今は女性の恋愛も縁談も自ら運命を切り開く時代。病気だってかかるのは運もあるけど治す方は大丈夫弱りがちな気持ちも神様に背中を押してもらって乗り切ろう!!!
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 、LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020 (下京区河原町五条下ル一筋目西入ル)

とってもブレードなあんた、尖って生きてみせてくれてんの? /京都市下京区若宮町   | Panasonic Lumix GX7

尖って生きる・・・昔だったら尖ってギザギザで、尖っているからケガもさせるし自分も折れたがね・・・

BLADEBUILDING-1


今じゃ尖っているのは口調だけ。刺さらないし傷つかないし・・・尖っているポーズすら、もうしないし。いいオヤジになったもんだね。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 (コンポーゼ河原町)

朱に何が滲みますかぁ・・・ 朱から何が浮き出しますかぁ・・・ もいっちょ/伏見稲荷大社千本鳥居(京都市伏見区)  | Panasonic Lumix GX7

(写真とは全く関係なく話は進む)京都の土曜日は雪から雨。東山霊山近く創業130年の料亭大和(きょうやまと)さんにお邪魔した。

FUSHIMIINARI2-1


ホントならあのご自慢のお庭がちょうど雪化粧されている様子や、


FUSHIMIINARI2-2


八坂の塔が眼下に、その向こうに冬の京都市内が一望、更にその向こうには雪化粧の嵐山や西山
・・・って姿を夢中になって撮るところ。普段なら。


FUSHIMIINARI2-4


だけど残念なことに余裕がなくて、そんな写真は一枚も撮れなかった。


FUSHIMIINARI2-5


タクシーで京大和に到着したときは、みぞれか雪かという空模様で空気もかなり冷たかった。


FUSHIMIINARI2-3


予約時間の30分前、そんな天気の中、京大和の広い庭を挟んだ門のところまで従業員が出てちゃんと予約客を待っている。偉いなぁ~


FUSHIMIINARI2-6


ちなみに京大和は、数年前だが娘が大学時代2年間ほどバイトをしていたお店。ちゃんと覚えていてくれて話が弾んでる。その隙に写真を撮ればよかったか。


FUSHIMIINARI2-7


しかし、このフォーマルな雰囲気
き加え、手荷物と傘と降りしきるミゾレは、オヤジが趣味へ走ることをフットブレーキとサイドブレーキを両かけする程度の抑止効果となる。


FUSHIMIINARI2-8


さて、そこから傘をさしてお部屋へ向かうが、雪の庭を眺めた上に、部屋からは雪見の障子からまさに雪景色の庭を楽しみ・・・


FUSHIMIINARI2-9


ここが京都市内かと思うほど静かなうえに、他の客の声ひとつ聞こえない「し~ん」という音が聞こえそうな・・・いやいやそれはアンタの耳鳴りだけど・・・静かなお部屋でリッチな京懐石を頂戴したのであった。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 、LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH. 写真は伏見稲荷大社(こないだの残り)

朝のあんにゅい ・・・ 大将軍八神社(だいしょうぐんはちじんじゃ)/上京区 | Panasonic Lumix GX7

これから京都市内に用事で出かけるけど、その前に蔵出し写真の陰干し。

DAISHOGUNHACHI-4


今日は、最近では珍しく昨夜から降り始めた雪が屋根に積もっている。公園で雪だるまを作るほどかどうか、ちょっと微妙なところ。


DAISHOGUNHACHI-3


今日はこれから用事で京都市内に出かけないといけないんだけど、その前にわが家のワンコを散歩に連れていくにはこの程度の雪が助かるけど・・・。


DAISHOGUNHACHI-2


これからでかけて、少しは雪の残る京都の写真でもと思うけど、その暇はなさそうだし、何より首や肩の周りのコリや傷みがひどく、正直暖かい部屋で寝ていたい。


DAISHOGUNHACHI-1


用事が無かったら、それも嬉々としてそそくさ出かける準備をしているんだろうけどね。動く気が・・・しない。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

寒さのピークは暖かくなるしるし /北野天満宮 | Panasonic Lumix GX7

さてこの時期、わが子のことを天満宮さんにお願いに行く親も多いことと思う。

KITANOTENMANGU-4


この寒い時期の受験勉強の様子もかなり記憶からは遠ざかりつつあるものの、あの頃のことはなかなか忘れないね。


KITANOTENMANGU-2


想い出もそうだけど、あのころチャート式参考書で勉強したことが結構記憶に残ってたりする。


KITANOTENMANGU-3


がガット集中すれば、結構広く深く覚えられるあの時期に、ちゃんと勉強するってよいことなんじゃないかと思う。


KITANOTENMANGU-1


最後のおまけ一枚は桜の名所平野神社。これは1月18日の写真ですけど、この頃にも桜を咲かせる人はいるんでしょうね。早咲きでも遅咲きでも、みな良い春を迎えられることを祈ります。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

朱に何が滲みますかぁ・・・ 朱から何が浮き出しますかぁ・・・ /伏見稲荷大社千本鳥居(京都市伏見区)  | Panasonic Lumix GX7

だいたい京都なんざぁ日本国中のカメラマンだけじゃなく、

FUSHIMI_INARI-4


世界中からカメラマンが殺到する場所なので


FUSHIMI_INARI-1


ここはオレだけしか撮影してねぇっ!って場所なんぞ無いんじゃないかっていつも思うネ。


FUSHIMI_INARI-6


同じ場所だって工夫すればってことも・・・まあ考えたりはするけど・・・ ( ところで、何故か決められてもないのに左から入って右から出てくる人が多い )


FUSHIMI_INARI-5


プロはおろか、カメラ上手がこぞってやってくる場所なんざ、どひゃっ!と驚く構図や表現方法はそんなに残っていないし、腕もないし・・・


FUSHIMI_INARI-2


この朱のトンネルなんて定番だよね。こんな平凡なんじゃなく、すっごい写真がいっぱいあるもんなぁ。


FUSHIMI_INARI-3


そうだよね。セキスイハイムの人も写真うまいのかな。@千本鳥居
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 、LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH. 今日は別の用事があってついでなのでレンズは20mmと45mmの二本だけ。koreni12mmがあればほとんどいける

通称金閣寺、鹿苑寺(ろくおんじ)の舎利殿が金閣だって/京都市北区  | Panasonic Lumix GX7

一年に必ず1,2度訪れるのに、この金閣寺(鹿苑寺)はあまりブログにアップすることがない。


KINKAKUJI_ROKUON-2


なんだか上手に撮れないから。つか自分の下手を棚に上げて言えば、あんまりこの金ぴか殿は好きじゃない気がする。

KINKAKUJI_ROKUON-1


カタチも庭もきれいなんだから金箔のべた貼りじゃなくて、もうちょっと工夫があっても良かったんじゃないだろうか・・・っていつも思う。けど、京都観光の基本サイトには違いない。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

冬の京都東山を歩く 青蓮院門跡(しょうれんいん) | Panasonic Lumix GX7

このでっかい楠が出迎えてくれる京都東山の青蓮院にやってきました。昨日は若草山の山焼。その頃ってホンマ寒いんですが昨日は「もう春?」と思うような暖かさでしたね。

SHOREN-IN-10


そんな土曜日の夜半から今日日曜日の朝にかけて雨が降り、午前中は引き続きホンワリ暖かい日。


SHOREN-IN-9


しかし、昼を過ぎると時々晴れ間がのぞく天気にもかかわらず風は冷たさを増し、手袋持ってこなかったことを後悔。


SHOREN-IN-8


晴れ間、曇り、パラパラ雨が繰り返す忙しい午後でしたね。


SHOREN_IN_MONZEKI-1



青蓮院(しょうれんいん)は、このブログで以前にも出てきましたが天台宗五箇室門跡(もんぜき)の一つ。五箇室は青蓮院門跡、妙法院門跡、三千院門跡、曼殊院門跡、毘沙門堂門跡。


SHOREN-IN-6


ちょうどこの時期の京都は観光バスが少なく、つまりツアーも修学旅行も少なく観光客はパラパラなのでゆっくり見れるわけです。


SHOREN-IN-5


もっともゆっくり見れるといっても寒さに耐えればなんですけどね。


SHOREN-IN-4


ヒートテックやフリース、ダウンに身を包み京都の冬旅を楽しみましょう。ただ、この板間の冷たさはつらい。フワフワ毛の生えたスリッパはいて歩きたいです。


SHOREN-IN-3


そうそう、寒さに耐えるのともうひとつ。寒々と立つ裸樹を楽しみたいです。やはりオフシーズンは「彩」がイマイチ。その分想像力がうんと必要です。


SHOREN-IN-2


枯山水というのがあるけど、それみたいなもんでしょうか。力強い裸樹は冬の魅力だね!ってのもチョット強がりかなと思うときも。裸樹より裸婦の方がいいよなぁ・・・。でもそっちの方が寒いか。


SHOREN-IN-1


3月14日から20日の間は、京都の本格的な春シーズン到来を祝う(?)花灯路が開催され主要な散策路が灯篭で飾られます。青蓮院のライトアップや夜間拝観(~21:30)もありますよ。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 、Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025ほか

幸せ求めて舞台に集う 音羽山清水寺/東山区  | Panasonic Lumix GX7

ねねの道の最終回。はて何回引っ張ったっけ? 四条からスタートして五条の清水までやってきたけど、ねねの道は高台寺あたりで終わり。そっから先、一年坂、二年坂、産寧坂と来て清水坂。

KIYOMIZUDERA-6


清水寺というのは幸せを願う人が多いですね。当たり前か。


KIYOMIZUDERA-4


何度も書いてますけど女性というのは「祈り」が似合います。(と勝手に思ってます)


KIYOMIZUDERA-5



関係ないけど、ねねの道や清水界隈は「女一人」を見かけないですね。いや、人が多くて見えないのかな。


KIYOMIZUDERA-3


こないだ行った鞍馬のお山や高尾、それから大原あたりではよくお見かけしますよ



KIYOMIZUDERA-1


女一人・・・なんかいいなぁ(勝手に思ってますとも。ええ、勝手に妄想してますとも)


KIYOMIZUDERA-2


と、今日も男一人、京都の街をさまよいます。あっ、そこの外人さん、シャッター押しますよ。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 、Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025 なんだか構図が整わない・・・

ねねさんの寺 鷲峰山(じゅぶさん)高台寺/東山区  | Panasonic Lumix GX7

ねねの道はおねいさんたちの道。今の時期は和装のおねいさんたちも多い。ん~どっか歩いてないかなぁ。

KODAIJI-8


ねねの道という名前は当然この高台寺からきてるんでしょうね。冬の空、ちょっと雲行きが怪しい・・・


KODAIJI-7


北政所ねねさんはご存知豊臣秀吉の正妻。ねねさんが夫の菩提を弔うために建立したお寺らしい。


KODAIJI-6


時代劇で、剃髪したねねさんを高台院と呼ぶけど、高台寺はそこから来ているらしいです。↑晴れてると思ってたら急に土砂降りっていうのか、雨とあられがザザーッと降ってきた。


KODAIJI-5


↑開山堂。中の写真はとっちゃだめ。不思議な構造で、手前が秀吉の御座舟の屋根、その向こうに北政所御所車の天井、さらに普段は見ることができない龍の天井(今回は特別公開中)があって、さらに奥が増築されたお堂。


KODAIJI-4


臥龍廊(がりょうろう) - 開山堂と霊屋(おたまや)を結ぶ屋根付きの階段、龍の背に似ているところからこの名が付けられた。(ウィキペディア)


KODAIJI-3


臥龍廊を
霊屋(おたまや)側から眺める。下は開山堂です。形は面白いですが武家時代のこういう建築物は天平・奈良の頃と比べるとそっけないですね。


KODAIJI-2


茶室の傘亭。屋根の構造が傘のようになっています。奥の跳ね扉のところ、これは伏見城かなんかの池に浮かんだ船がそのまま入ってくる場所だったそうです。


KODAIJI-1

高台寺もどこも、この時期は色が乏しいですね。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 、Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025

長楽館 SINCE 1909 ホテル・カフェレストラン・ウェディング もっと覗いていけばよかった・・・/東山区祇園円山公園  | Panasonic Lumix GX7

で、素直にねねの道へ行くと思ったら大間違い。京都は平安の時代から近代まで盛りだくさんなのです。

CHORAKUKAN-4


1909年築の長楽館。明治時代タバコで財をなした方が、私財で建てた迎賓館だそうですよ。


CHORAKUKAN-3


一時は東京の鹿鳴館をもしのぐ賑わいだったとか。


CHORAKUKAN-2


今では、円山公園からねねの道方面へ流れる観光客を眺めながら、カフェやお食事など静かな時を過ごす場所に。


CHORAKUKAN-1


まあ、そういう場所はTAAさんには縁がないのだけれど・・・。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ほか

提灯も京都やおへんか? 八坂神社/東山区  | Panasonic Lumix GX7

この辺ウロウロするときは決まって八坂神社前のコンビニで食べ物を買って

YASAKAJINJA-4


八坂神社西楼門入ってすぐの手水舎の裏でお食事をとる。今日はおにぎり、チキン、バナナと豆乳。あっ、いつもの会社の昼食と同じだ。


YASAKAJINJA-2


そういうオヤジは永遠に、この提灯を奉納された方々やお店に縁がないことを約束されている。(↑舞殿の提灯)


YASAKAJINJA-1


高島屋ぐらいは・・・・ええと、前行ったのは・・・10年ぐらい前か、いやそれ以前か・・・


YASAKAJINJA-3


そんなこたぁどうでもいいから、八坂神社の南楼門をくぐり「ねねの道」(高台寺西側の散策路)へと向かう。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ほか
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ