蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

草花やワンコの話

やまもも・芝桜・八重桜 /春!飛騨路は花街道  | Panasonic Lumix GX7

燕ですよ。彦根市に住んでいたころ周りが田んぼで、軒先には毎年燕が巣を営んでましたっけ。


HANAMOMO_HIDA-10


はなもも。この時期、国道沿いに絵にかいたようなあでやかさで咲き誇ってます。


HANAMOMO_HIDA-6


園芸いように改良された樹らしく、とにかく白やピンク、紅と彩度の高い色が4月の陽光にまぶしいですね。


HANAMOMO_HIDA-7


ここは南飛騨小坂の
道の駅、その名も「はなもも」。


HANAMOMO_HIDA-5


おかあさん、こっちから撮った方がきれいですよ。ヘンなカメラオヤジも写らへんし・・・のどかな景色にハードなTシャツのメッセージ。


HANAMOMO_HIDA-4


はなももは↑こんなふうに一本の樹で咲き分けるのもあるようですね。


HANAMOMO_HIDA-3


このハナモモが新しい緑で包まれる頃は、向こうの川で遊ぶのにちょうどよい時期でしょうね。


HANAMOMO_HIDA-9


さて、こちらは飛騨川の河原、日本のように真冬から真夏まで振れる四季の国と、常夏常冬の国とでは❝ちょうど良い気候❞の間隔ってすごく違うだろうなぁ・・・とつまらんことを考えながらふらふら歩きます。


HANAMOMO_HIDA-8


下呂の温泉街を抜けて飛騨川にそそぐのは益田川。益田川に沿って坂を上ると急にザーザー雨が降り出しました。気候も良いとにわか雨にも敵と出会ったような「こんちくしょう」という気持ちより、たまたますれ違う道行く人のような穏やかな気分で雨宿りです。


HANAMOMO_HIDA-1


下呂から山を越え郡上八幡の谷に抜け谷あいを下ります。(国道472号:せせらぎ街道)郡上市明宝の國田家(くにたけ)芝桜。


HANAMOMO_HIDA-2


谷を下ってくると突然山中の大渋滞。下手からはかなり長い渋滞の列です。3000平米のピンクのじゅうたん。これが無料で観賞できるのは素晴らしいですね。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ほか

まだまだ寒い・・・風も雨も日曜日

土曜日は暖かく気持ちも良かったのに、ミこの日曜日は雲間からパラパラと雨が落ち風もある寒い日曜日になりました。なんか色が寒いなぁ。

HADAZAMUI-1


アクティビティの下がったTAAさんは何処にも出かける気にならず、カメラを提げワンコを連れ近所の公園に向かうのでした。


HADAZAMUI-2


きりっと寒い真冬の寒さには立ち向かう気持ちもあるのに、二度三度訪れた5月の陽気にすっかり戦う気もうせてしまいましたね。


HADAZAMUI2-1



それにしても、そういえば桜も咲いたんだっけ?これからだっけ?・・・と記憶が混乱する肌寒さす ^_^;) 大げさ?


HADAZAMUI-4


何見てんだよモコジ。ずっと家にいる日にはこいつがひと時も傍を離れない。もう少し公園をあるきますか。からだもあったまってきたことだしね。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025

散り行く桜 咲き始めたつつじ  | Panasonic Lumix GX7

最近、ケーツイ椎間板ヘルニアのTAAさんは、土曜日にリハビリに行くのとワンコの散歩と家でネットラジオのジャズを聴く週末が定着しようとしています。

SAKURA-YUKU-8


そんな静かな週末に満開を見逃した近所の桜をワンコ散歩んの時に眺めました。


SAKURA-YUKU-5


ソメイヨシノはもう雪のように地面に花びらを落としてますねぇ。それでも京都のこの辺りは東京よりもずいぶん花が残ってます。


SAKURA-YUKU-4


桜はもちろん満開の花もそうですが、咲き始めるワクワク感、散り際のドラマの一シーンのような光景、そしてこの先の若葉、秋の紅い紅葉と、ケムシさえいなければ結構何度も楽しめるのです。


SAKURA-YUKU-7


↑八重桜がガンガン花を開いてますね。木の下は薄暗くなるぐらい?花がもっと膨らみますよ。


SAKURA-YUKU-3


↑秋の紅葉時は主役にもなりますが、人によってはかぶれたりするので大嫌いな木かも。白く可愛らしい芽を吹いてます。


SAKURA-YUKU-1


ちょっと日陰気味のちなみの場所には毎年ミツバツツジが。また今年も掲載。


SAKURA-YUKU-6


桜は散り際といいますけど、散ってしまったら一瞬地面を花びらが覆って綺麗。咲くとき、満開、散り際、地べたの花・・・これみんな過程の中の一シーンですね。


SAKURA-YUKU-2


「ずっと在ってほしい」という気持ちを思い起こさせるほどの美しさと決してそうはならないはかなさと。だから良いのかな・・・春は行く。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

寒が戻ろうが戻るまいが桜は散る散る、嗚呼非情・・・  | Panasonic Lumix GX7

今朝は大阪鶴見緑地近くの整形外科を訪ねた後、鶴見緑地公園を縦断して桜を眺めて帰った。

TSURUMI_FLOWER-1


時折青空が見えるけど、何となく肌寒い13度。どの写真も少し寒い色で撮っちゃったなぁ。でも印象としてはこんな感じで気持ちも「抜け」が悪い・・・


TSURUMI_GREENPARK-4


首が痛いの冷やさないようにカイロを貼ったりマフラーを巻いてるけど、汗をかくなんて全くない。


TSURUMI_GREENPARK-6


それでも流れる水に色が付いてるわけじゃないけど、なにか柔らかさを感じるし


TSURUMI_GREENPARK-3


なにより裸樹だった木々にも、冷たかった地べたにも、薄緑のペインティングが始まってるじゃないの。


TSURUMI_GREENPARK-2

ワンコだって走り回るのが楽しいだろうなぁ。あ、鶴見緑地はワンコOKなんだ。いつかモコジたちを連れてきてやろう!

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 12mm/f2.0、 45mm/f1.8 、SIGMA 60mm/f2.8 DN

桜三分 春七分   | Panasonic Lumix GX7

11月から3月初旬までは、サッカーの古傷首からくる毎日の頭痛とひどい肩こり、それをかばって腰痛が悪化、痛みで夜は不眠、痛み止めと不眠で昼は吐きそうなぐらい眠く、痛み止めの常用は胃を悪くして、それらのため気分はウツ化して舞い上がらない・・・と、いいことずくめ(^_^;)

SAKURA_SANBU-1


でもね、こいつが咲き始めると気温も上がり、テンションも上がり、先ほどの負の連鎖を逆方向に季節が進む。これも今では毎年の事。春の訪れであります。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + SIGMA 60mm/f2.8 DN

ツバキの花落ちて  | Panasonic Lumix GX7

せっかく咲いた梅の花もみな落ちてしまうのではないかと思うほど、三連休の初日は風とあられの肌寒い一日。暖かいと、梅を青い空をバックにぼんやり眺めるのに、寒いとどうしても視線が下へ向く。

TSUBAKI_OHITE-1


あっ・・・ツバキ。 ツバキ落とす雪混じる風に春が見え隠れ。



TSUBAKI_OHITE-2


梅にばかり気を取られていたアナタ。アナタを樹の上からずっと見ていました。最後の最後にアナタに私のことを気付いてほしくて、それで冷たい地面の上に降り落ちました。


TSUBAKI_OHITE-3


そんな物語を綴ってみたくなるチョット切ない気持に・・・。


TSUBAKI_OHITE-4



寒の戻り、道に散り落ちたツバキを見て、ああ咲いているときにもっと目出てあげればよかったと後悔。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 12mm/f2.0,Panasonic Lumix G20/f1.7, SIGMA 60mm DN

それでも寒いから暖かいところに逃げ込む温室育ちなボク・・・の巻  |  Panasonic Lumix GX7

冬の温室、とくに熱帯植物とかの温室はいけませんや。

ONSHITSU-1


毎度そうなんですが、冷え切ったカメラのボディーやレンズが熱帯温室に入ると・・・


ONSHITSU-2


汗をかくんですよね。


ONSHITSU-9


これは大変心臓によくない。


ONSHITSU-3


さあっと眼鏡が曇る。ファインダーをのぞくと・・・ああ、やっぱり曇ってる。


ONSHITSU-5


レンズの外側だけが曇るんならまだいいけど、カメラの内部とかが結露したら最悪。


ONSHITSU-4


まあ、そんな危険を冒してもろくな写真が撮れるわけじゃないけど、


ONSHITSU-6


それでも老人は果敢にも挑戦するのだ。


ONSHITSU-8


曇ったレンズが外気になじんで透明度を回復する頃、


ONSHITSU-7


温室のべたっとした湿気と暑さに慣れ始めた年寄りも、活動を始めるのじゃ。
PHOTO: PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + SIGMA 60mm F2.8 DN, M.ZUIKO 45mm/f1.8ほか /京都府立植物園

とにかく寒いから、とにかく暖かそうにふるまう・・・の巻 | Panasonic Lumix GX7

会社の女性でも・・・いや「でも」はまずい・・・、もとい。

FLOWER_SPRING-2


会社の女性たちは、機嫌が良い時にはそれなりに可愛らしく笑い、にこやかにオフィスを明るくしてくれる。オフィスの春。


FLOWER_SPRING-3


まあ、春があれば冬もある・・・ 長く辛い冬も・・・あったり。


FLOWER_SPRING-5


オフィスの春と冬はいつくるかわからんけど、公園や花屋は、只今春のお着替えの真っ最中。


FLOWER_SPRING-4


草花のおしゃべりがそろそろ聞こえてきそうでございます。う~む、オフィスの春より心が和む・・・


FLOWER_SPRING-6


殺風景なブログも窓を開け春の風をいれまひょ! うっ!まだ寒い・・・

FLOWER_SPRING-7


寒が戻っても、草花の成長はとどまることはあっても戻りはしない。偉い!


FLOWER_SPRING-1


緑の季節がもうじきですなぁ。ああ待ち遠しい。肩こりも軽減されるし・・・(^_^;)

PHOTO: PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + SIGMA 60mm F2.8 DN, M.ZUIKO 45mm/f1.8ほか

梅は桜は・・・おしぃっ!あとちょっと。   |  Panasonic Lumix GX7

三月に入ったので、梅も見頃かときょろきょろ。 (観智院)

UME_HA_SAITAKA-4


もうちょっと花がついてくれるとうれしいなぁ。 ↓ここもね・・・ (梅小路公園 奥は京都水族館)


UME_HA_SAITAKA-3


ふらふら彷徨う京都の街に・・・おっ!何、この華やいだ雰囲気は・・・、 (↓興正寺)


UME_HA_SAITAKA-2


ついに見つけた!満開っぽいですよ!春ですよ! しかし・・・


UME_HA_SAITAKA-1


ハラリと目の前を横切るピンクの小片の行き着く先、玉砂利の地面が早くもピンクに染まっている・・・ああ、なんて悲しいの。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 12mm/f2.0,Panasonic Lumix G20/f1.7, SIGMA 60mm DN

春はミツバチの羽音に乗って    |  Panasonic Lumix GX7

ぶんぶんぶん はちがとぶおいけのまわりにのばらが さいたよぶんぶんぶん はちがとぶ、

HONEY_BEE-1


ぶんぶんぶん はちがとぶ あさつゆ きらきら のばらが ゆれるよ ぶんぶんぶん はちがとぶ。


HONEY_BEE-3


暖かい空気とキラキラした光に満ちた平和な唄ではないの。今回は野バラじゃなくて菜の花なんだけど。そうそうレンゲだって良いよねぇ。


HONEY_BEE-2


ただ、やはり、菜の花やレンゲに埋もれてミツバチの羽音を楽しむには抵抗のある方も多いでしょうね。ちなみにミツバチでもアナフィラキシショックは起こりますから注意必要です。

PHOTO: PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + SIGMA 60mm F2.8 DN

こちらももうじき終わり・・・1月から超寒い時期に黄色い花と良い香り ロウバイ    |  Panasonic Lumix GX7

厳しい寒さも少し緩み、森の中を少しやさしさを含んだ風が通り過ぎる午後、

ROUBAI_praecox-1


私は、今にも手に届きそうな春を待ちきれず、まだまだか弱さを残す陽光のもとで深く息をする。


ROUBAI_praecox-2


あっ・・・・・この香りは・・・・。


ROUBAI_praecox-3


1,2月の厳しい寒さでも爽やかな芳香で、春を、まだまだ遠い春を知らせ続けたロウバイの香りだ。


ROUBAI_praecox-4


香りばかりではない。太陽に透けた優しい黄色の花びらが、冬の寒さにうつむきがちな私の目を空へと向けてくれる。


ROUBAI_praecox-8


少しあたたくなった冬の空気とロウバイの香りをたっぷりと肺の中に吸い込んだ。


ROUBAI_praecox-6


空気が温かくなり始めると、冬の厳しさに強がっていたロウバイも、その力が抜けていくように


ROUBAI_praecox-7


きゅっと結んだ丸い花をだらりと短冊のようにして垂らす。紅い花芯が少し色っぽいな。


ROUBAI_praecox-5


春なんだなぁ・・・。ロウバイやサザンカのように、次の季節を告げるたくましい冬の花に今別れを告げ、地面から眠そうに顔を出す春の花を探して、私はまた森をさまよう。

PHOTO: PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025,SIGMA 60mm F2.8 DN, M.ZUIKO 45mm/f1.8ほか

サザンカ 山茶花 Camellia sasanqua /ツバキ科  |  Panasonic Lumix GX7

殺風景な冬に、寒い中なんとか頑張って彩を添えてくれているサザンカさんも、

SAZANKA_sasanqua-1


↑花びらを冷たい土の上に敷き詰めて、今シーズンの終了時期が迫っていることを感じます。


SAZANKA_sasanqua-5


このガランとした伽藍や裸樹で殺風景な、当ブログも冬の最後の彩を添えていただきたく、


SAZANKA_sasanqua-4


また、感謝の意を込めまして今回山茶花(サザンカ)さん特集を挟みました。


SAZANKA_sasanqua-2


よく見ると結構艶やかな色のものがあったり、薔薇の花のようにも見えたり、  


SAZANKA_sasanqua-3


また、その紅い花びらが地面に散っても美しい。


SAZANKA_sasanqua-6


私はけっこう、この地味でいて強さとあでやかさを持つ冬の花サザンカが好きなのであります。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020, M.ZUIKO 12mm/F2.0 ほか

動物さんの表情や態度に人間を重ねてみてしまうストレスオヤジ  天王寺動物園/大阪市天王寺区  | Panasonic Lumix GX7

↓こういうポートレート時折見かけません? なかなかヒトにはカメラを向けにくいのでチンパンにお願いしました。

TENNOJI_ZOO-11


↓鴨ン鴨ン ベイビー、占ってよ。恋するフォーチュンクッキー!

TENNOJI_ZOO-10


↓セクシーな目をした貴婦人

TENNOJI_ZOO-6


↓おしゃべりが賑やかそうなお嬢様たち ( に、見えるけど多分オスのオシドリ )


TENNOJI_ZOO-9


↓オレだってまっとうな道を歩きたかったさ・・・ 時代がオレを狂わせちまった・・・

TENNOJI_ZOO-8


↓ラクダの死体・・・!? だだっ広いグラウンドで寝っ転がるラクダ。

TENNOJI_ZOO-7


↓ええっと・・・なんてお名前だったっけ? 穴ぐら住まいですよね。マングースか? わかんねぇ。

TENNOJI_ZOO-5


↓ ああー、これも忘れた。ガラスの向こうでちょっとボケたけど3匹一番高いところで密集してました。


TENNOJI_ZOO-4


↓ 舌を出して場内放送を聴く雌ライオン。前足をなめてたんだけど、場内放送が始まると
このままの顔で固まってた。

TENNOJI_ZOO-3


↓ 自慢は・・・もちろんこのオレンジの前歯。カピバラじゃないです、ヌートリア。「特定外来生物にに指定されている害獣なので鴨川で見かけてもエサやるな。」みたいなことが京都府のホームページにありました。


TENNOJI_ZOO-2


↓ まあ、穏やかにのんびりと漂いましょうや。

TENNOJI_ZOO-1

たまには動物さん達をたくさん見てなごみましょう。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. H-FS45150 ほか

ほとんど寝ます!って時のアムロ/トイプー4歳 | Panasonic Lumix GX7

時々アップしてるアムロの「もう眠くてたまりません」というときの表情。

NEMUNEMU_AMURO-1

この後、こっくりこっくりし始める。コイツはすばしっこく落ち着きもないので、こういう時が一番写真撮りやすい。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. H-FS45150-K

草木も凍る早起き時 | Panasonic Lumix GX7

夏が暑かった。冬は暖冬かと思っていたらまるで冬のように寒い日が続きます。この月下旬には若草山の山焼き、今から一か月後には東大寺二月堂の修二会(お水取り)。この辺りを乗り切れば・・・春っしょ。

FROZEN_FLOWER-5

↑アジサイが凍ってると言ったらちょっと大げさ。でもあの霜がかかっているのは新しい芽だよね。

FROZEN_FLOWER-4

↑ササ 砂糖菓子の様ですなぁ。なめてみるか?

FROZEN_FLOWER-3


↑こりゃなんだ? ワンコ二匹で片手が埋まっているので、オートフォーカス片手撮り。構図もフォーカスもイマイチなのはご容赦ください。

FROZEN_FLOWER-2


↑あーあー、これよくある公園などの定番低木。キリシマ? ま、なんでもいいや。

FROZEN_FLOWER-1

これはあれっすよ。サザンカ。花期の盛りは過ぎてるようだけど霜の化粧がとってもセクシーで素敵ですね。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II ASPH./MEGA O.I.S. H-FS1442A

コーヒーを飲みながら「さてと・・・」とつぶやくと朝のお散歩タイム | Panasonic Lumix GX7

休日の朝は今に降りてくるとゲージで寝てたワンコが大歓迎。

SANPO20140111-1


ワンコを庭に出すとおしっこしに走っていく。その姿を眺めながら台所に行って、パンを焼きコーヒーメーカーをセットし、ヨーグルトにバナナと柚子ジャムをいれ簡単な朝食の準備。

SANPO20140111-2


ワンコにはヨーグルトを別皿に少し用意して、横の席でお座りさせて少しずつ与える。コーヒーを飲み終わって・・・

SANPO20140111-3

「さてと・・・」というと、ワンコが目を輝かせて今のドアを背に「いつでもOK!!!」とスタンバイ
。アムロはワンワン騒ぎ、モコジは必ず伸びをする。さあ、朝の散歩の時間だ。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

アムロ2014年に向けて! トイプードル4歳 | Panasonic Lumix GX7

愛犬アムロ(オス4歳トイプードル)は、遠くの空を眺めている。遠くに東大寺二月堂の屋根が見える。

AMURO1231-3


「で、あんさん何考えてはんねん?」 そうモコジ(オス5歳トイプードル)が問う。

AMURO1231-2


「来年こそは、ブス犬だのアホ犬だのタヌキに似てるだの言われへん立派な美犬になったんねん!」

AMURO1231-1

そうアムロは答える。道のりは遠い。今日はもう大晦日か・・・。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + Panasonic LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H02

下鴨神社から上賀茂神社へ(その3) 賀茂川の鳥さんたち/京都市内賀茂川堤防 | Panasonic Lumix GX7

さて糺の森(ただすのもり)を抜け下鴨神社にお参りした後は、いったん進路を西にとり賀茂川堤防にでます。

KAMOGAWA_BIRDS-1


川沿いを北上。冬の賀茂川は・・・いや別に冬でなくても野鳥が沢山いますよね。↓野鳥って、鳩かい?

KAMOGAWA_BIRDS-2


魚が多いし、変な糸くずに引っかかることも無し、水もきれいですからサギも住み心地が良いんでしょうね。

KAMOGAWA_BIRDS-5


関係ないけど、ブランドをほとんど知らない私には、↓川底の模様がブランドもののマフラー柄に見えてしまうのです。

KAMOGAWA_BIRDS-3


↓ウですね。持論としてですね、ウマ、イヌ、ウシ、ハト・・・など名前が短いほど昔からの身近な動物と思ってます。ウなんてきっと、大移動中のヌーや産卵期のペンギンやフラミンゴほどビッチリと川を埋め尽くしていたのでは・・・と勝手に想像してます。

KAMOGAWA_BIRDS-4


レンズ越しにとりを眺めていて、気が付けばすぐ傍に一緒になって野鳥を眺めているヤツがいました。

KAMOGAWA_BIRDS-6

冷え性のアオサギさんでしょうか。日向ぼっこをしているようです。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 +  LUMIX G VARIO 45-150mm

今日は山の中をワンコ散歩 モコジとアムロ | Panasonic Lumix GX7

今朝は日曜日より暖かい感じでした。ワンコたちと小山の中を散歩しました。↓モコジ5歳

WANKO_DEC2013-1


毎度おなじみ?かどうか知らんけど、アムロの後ろ姿です。

WANKO_DEC2013-3


モコジの後ろからブリッ子のぞきのアムロです。「
ブリッ子」ってもう死語かな・・・

WANKO_DEC2013-2


おすましでハイ・パチリ。この「パチリ」というのは今で言う「カシャッ!」とか「パシャッ!」という擬音です。

WANKO_DEC2013-4

小学校の国語の教科書 - 「はい、パチリ!」「ええっ?はいパチリだなんて。本物のカメラだとおもっていたのに。」みたいな一説があったことを思い出しました

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 +  パナソニック LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020

「そろそろ、つか、もう冬だね」「何をいまさら?」~ワンコ散歩 | Panasonic Lumix GX7

おっちゃんなぁ、こういう裸樹がさぁ、結構好きなのよ。

MORNING_WALK-6

せやなぁ、なんか寒空に胸張ってるみたいに見えるさかいなぁ。

MORNING_WALK-5

せやろ。樹木の生命力は真冬でもかんじるやろ。 ん?でワンズ・ノンノ?

MORNING_WALK-4

樹木だけやないやろ、おっちゃん。わてらトイプーも結構強いんやで?

MORNING_WALK-1

あんま、そない思えへんけどなぁ。エアコンかけて寝てるやろ。

MORNING_WALK-3

まあ、もともとはカモ猟の回集犬がご先祖やけど、まあ見ての通り今は100パー愛玩犬の身よ。

MORNING_WALK-2

お・・おれ・・・タヌキに似てるて言われるけど・・・
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 +  オリンパス M.ZUIKO DIGITAL , Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025

アムロ4歳の誕生日 そして間もなく我が家へ来て4年が経ちますね | SONY NEX-5N

11月30日はアムロの誕生日。彼も山科のペットショップでスター犬パパの息子として生まれ早4年が過ぎた。

AMRO_BIRTHDAY-3

そして12月になれば、彼がわが家へ来てから4年ということになる。そこでお誕生日はいつものワンコケーキ。

AMRO_BIRTHDAY-1

ちゃんと「待て」ができるヨイコちゃんなのだ。うちのワンコはブラッシングが行きどいておらんなぁ・・・

AMRO_BIRTHDAY-2

こいつはすでに5年目のシーズンを迎えておる兄貴分のモコジ(もこじろう)だ。食い物への執着は衰えることがない。12月1日には長女が嫁いでゆくので、この日はアムロモコジ含む家族全員がそろう団らん最終日・・・なのだ。

PHOTO:SONY NEX-5N + E 16-50mm f/3.5-5.6 OSS PZ 高感度撮影で画像があれています。 

風に聞いたら教えてくれたわ、今朝も可愛いって・・・ 浅田美代子 | Panasonic Lumix GX7

コンパクトカメラ(XF1)のダイナミックトーン夜編が続くと思っていたら・・・

DOOGS_WALK-8

訳の分からないタイトルで、またでかい写真がダラダラ8枚も並ぶ。ん?7枚。

DOOGS_WALK-4

朝の散歩がこの寒さでちょっと辛く感じるんだけど、ワンコはこれが最大の楽しみみたいなんでねぇ。

DOOGS_WALK-3

その合間に「標準」的な画角で撮る朝のベンチ。

DOOGS_WALK-2

そして「広角」的に撮る同じベンチ。同じベントでも表情が変わる。

DOOGS_WALK-1

がに股短足オヤジ。リアルなそれを眺めているのがアムロで球体のソレを眺めているのがモコジ。

DOOGS_WALK-7

どっかのお宅の・・・何か果物。なんだろう、いい香りがしそう。

DOOGS_WALK-6

最近操っているフォーサーズという規格(パナソニックとオリンパスの一眼カメラ)は交換レンズが驚くほど小さいので今朝はポケットに突っ込んできたのだ。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G 14mm/f2.5, , M.ZUIKO 12mm/f12.0 , 45mm/f1.8

真夏のような秋が、真冬の秋になりました・・・ね。

※このブログはすべてクリックすると拡大表示いたします。
ってことで今夜は超寒い夜なんでありますが愛犬アムロも防寒対策か?
て訳でもなくてね・・・実は、

WANKO_NOV2013-1

上の娘が10年ぐらい付き合ってた彼氏といよいよ入籍の運びとなるので、もうあまりチャンスがなくなるみんな一緒旅行に・・・と。

WANKO_NOV2013-2

ワンコの面倒は多分オッチャンの仕事ですけど、今回初めてモコジとアムロも一緒に行くのであります。お出かけ用のお洋服新調というわけなのであります。
※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020

鮮烈な赤が脳みそを貫くぜ!タカノツメ | Panasonic Lumix GX7

秋は山も畑もおいしそうな色で染まりますよねぇ。そんな色に反応するのは、冬の前に食っとけよというDNAの信号なんでしょうね。

TAKANOTSUME-5


今日は朝方が雨でお昼頃までどよんとした天気だったのですが昼前にいったん晴れ間が見えました。

TAKANOTSUME-4


でも後が雨予報なんでクルマでちょっと出かけてみると、当尾(とおの:加茂町)のあたりでこんな鮮烈な赤に出逢いました。

TAKANOTSUME-3


タカノツメ、ご存じ一味唐辛子の材料ですね。本物の鷹のカギヅメなんぞよく知らんけど

TAKANOTSUME-2


なんかイメージぴったしですよね。この雰囲気。でも、鷹もマニュキアでもしないと赤い爪はしてないでしょうね。

TAKANOTSUME-1


部屋にでも飾ろうと、100円玉を無人販売のカンに投げ込んで一束ゲットしてきました。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S. H-HS12035
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ