蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

三重

TAA少年冬のおもひで 穏やかな白子漁港によみがえる | Panasonic Lumix GX7

正月なので漁港に来た。中学生時代、TAA少年の休日の日課・冬の遠征地と言えば、ここ白子(しろこ)漁港周辺だった。

SHIROKO_PORT-9


それにしても、なんて穏やかな白子漁港なのだ・・・。こんな穏やかな表情は久しぶり、水面が鏡だね。

SHIROKO_PORT-2


中学時代の真冬の楽しみと言えば、ここでのカレイの投釣り。あとコチと呼んでいたトゲがあってヌメヌメのゲドウもよく釣れてたっけ。

SHIROKO_PORT-1


例えば朝7時半が干潮なら6時半に仲間と地元を出発する。3~4台の自転車が耳も手も痛くなるような冬早朝のキンとした空気の中を走る。

SHIROKO_PORT-5


一時間も走るとカラダもかなりあったまってくるが、その頃潮の引いた白子の港に到着、さっそく河口の砂場に降りてゴカイ採りだ。

SHIROKO_PORT-8


スコップや板切れでザクザクと砂を掘る。ゴカイは海のミミズみたいな動物。干潮時は穴の中にいるのでこれを掘り当てて集める。

SHIROKO_PORT-4


イカナゴ漁もそろそろ始まるのかな。 太陽が昇ってもそんなに気温が上昇せず風が出てくる。ジュクジュクした冷たい砂を掘り続け手が痛くなる。

SHIROKO_PORT-6


ゴカイがそこそこ集まったら突堤や河口に陣取って投釣りの支度。ゴカイが不漁なら釣り道具屋へいってゴカイを1,2杯補充。それとオモリと天秤やシカケ、これらが揃ってシカケを遠くへからまずに飛ばすことができる。

SHIROKO_PORT-10


とはいえ、貧困なTAA少年にこの出費は痛かったし仲間もそう。そこで早起きして早朝干潮時のゴカイ採りは必須作業だったのだ。

SHIROKO_PORT-7

何見てんのよ。さっきから周囲をうろうろしておもひでに浸っているオヤヂを一歩も動かずじっと見てるネコ一匹。目つきはきついけど、なんだか思い出話を聴いてくれそうだ。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025, LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA, OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 12mm F2.0

カラッカラッって竹が風に鳴ります・・・三田神社/伊賀市 |  Panasonic Lumix GX7

凄い冷たい空気であります。

MITA_JINJA-6

北風が強いのですが神社の周囲の高い竹藪に遮られているのであります。

MITA_JINJA-5

なので、竹藪は冷たい空気と竹が打ち合うカラカラという音だけを境内に送ってくるのであります。

MITA_JINJA-1

境内の中で日差しは弱々しく、しかし意地を張ってコントラストだけは最高なのであります。

MITA_JINJA-3

こういうキンと張る空気、それに強い対比をなす光と影は冬らしくて良いのであります。

MITA_JINJA-2


写真は撮りにくいのでありますが、そこが力の見せ所と頑張ってみたい気持ちもあるのであります。

MITA_JINJA-4

確かにこのような影の中や曇りの方がのっぺり光が当たって露光は楽でありますが、やっぱ太陽の光あっての影なのであり、そう、色なのであります。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 +  Olympus M.ZUIKO DIGITAL 12mm,45mm , Panasonic Lice SUMMILUX 25mm  etc.

河原は黄色い花畑 /伊賀市 | FUJIFILM XF1

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
実家へ行く車窓から黄色い花畑が目に入って少し寄り道。

NANOHANABATAKE-2

丁度小学校前の畑で、アンパンマンが花の中から手を振ってました。

NANOHANABATAKE-3

↑5月ゴールンウイークは田んぼの作業も忙しい時、向こうの山の上には上野城が見えます。

NANOHANABATAKE1-1

はい、日帰りで帰る(早!)信号待ちの車窓から、これ木津川(伊賀市内)の橋上、河原を埋め尽くすカラシナでしょうか。
※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。PHOTO : FUJIFILM XF1 (コンパクトカメラ)

島ケ原観光協会&伊賀市商工会島ケ原支所

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
OKオートキャンプ場というのがここ三重県伊賀市島ケ原にはある。

SHIMAGAHARA_KANKO-5

もう15年ぐらい前になろうか、家族でOKオートキャンプ場を訪れたいへん良質なキャンプ場だったのを記憶している。

SHIMAGAHARA_KANKO-6

ただ日中ものすごい風が吹き荒れて、午後に到着したほとんどのファミリーは悪戦苦闘しながらテント建てはほぼ失敗。最悪テントをロープや支柱ごと川に吹き飛ばされる人も。

SHIMAGAHARA_KANKO-1

そこで学んだことは、そういう大風の中でいかにテントを組みあげるかという方策、まあそれをいろいろかんがえてやるわけだけど・・・

SHIMAGAHARA_KANKO-4

結局一番の方策は、用具をたたんで地面に固定し、風がやむのを待つこと。

SHIMAGAHARA_KANKO-2

積極策で風との戦いを選んだ人は何時間かの徒労やケガ、道具の破損やテントを追って走る目に遭ったけど・・・得るものはなかった。

SHIMAGAHARA_KANKO-3

必ずしも急いで対処することが良いとは思わないのだけれど、相手が傍若無人だとついつい戦闘モードに入って全体感を失ってしまうので・・・ある。(>_<)

Photo:Nikon1 J1 + 1NIKKOR 10mm/f2.8
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ