蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

伏見区

ざわめく竹の林に何か住んでいるのかなぁ 宝塔寺(ほうとうじ)/京都市伏見区

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
この太鼓楼をくぐり階段を上り始めた頃は、下のグラウンドで野球か何かの掛け声も聞こえていたのに

BUKIMINOKUNI-7

山を登るにつれ何時しかその声も聞こえなくなった。
風も無くで葉擦れの音もしないのに。

BUKIMINOKUNI-2

それにまだ四時も半ばだというのに、十分に明るさを残していた周囲の藪が急に暗くなってきたのは、深い森が陽の光を遮り始めただけではない気がする。

BUKIMINOKUNI-6

竹の林が急にサワサワサワワとささやき始めた。が、突然
ザザァーッ!っと吠えるように叫び声を上げ始める。すごい音だ。

BUKIMINOKUNI-1

それが周囲様々な方向から立て続けにザザーッ!ザザーッ! 竹同士が叩き合ってカラカラ、パキパキ・・ザザザッ! どこにこんな風があったんだ?

BUKIMINOKUNI-4

おいおい、何の騒ぎなんだ。まるで出ていけと言わんばかり。不心得者が尻尾を巻いて出ていくまで、この騒ぎは収まらないのか? ザザザザーッ!

BUKIMINOKUNI-3

人っ子一人いない薄暗い境内の鳥居にもたれて、風と竹の恫喝に聞き入る。意地になって動かない。人気は無いが何か別のものはいるのかも・・・

BUKIMINOKUNI-5

妙に不安な胸騒ぎにマゾヒスティックに浸りつつ、何か出てくるのをじっと待つ。突然頭の上から降ってきたら・・・心臓止まるかも。うん、きっと止まるな。
Photo:Nikon1 J1 + 1NIKKOR 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6,  10mm f/2.8  , 30-110mm f/3.5-5.6

暗い森で狐に会いましたか? /伏見稲荷大社

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
来週は家宅捜索(監査)があるというので、今朝は仕事もサボって証拠隠滅を図っておった。

FUSHIMIINARI_KAGE-1

やばい談合書類はシュレッダーに、漫画本は段ボール箱に詰める。女子中高生の従業員名簿は個人情報なので厳重に処理するのだ。

FUSHIMIINARI_KAGE-2

会社幹部が「お掃除ですか?」と声をかけた。これは「珍しく仕事してますね」という意味なのだ。

FUSHIMIINARI_KAGE-3

う~ん、そう言やぁサボる仕事もないし、掃除ぐらいしか役に立たんのか・・・とヘコみつつ「いやぁ、退職の準備です」と元気よく答える。

FUSHIMIINARI_KAGE-4

「まだ早いでしょ。(そうだといいのに)」と笑う幹部。別に早くもない、冗談抜きで明日はそういう日にならんとも限らん昨今なのだ。

FUSHIMIINARI_KAGE-5

だいたい、解雇は定年退職より早いが、東南海沖地震とどっちが先に来るんだろうか。

FUSHIMIINARI_KAGE-6

入社の頃に抱いていた「窓際」のイメージは、まだまだ暖かさを残す午後の空気があったけど・・・

FUSHIMIINARI_KAGE-8

今のイメージは立場的には「瀬戸際」だけど、状況なりの必死さには欠ける青寒い「死に際」って感じかなぁ・・・

FUSHIMIINARI_KAGE-7

でもまあ「死に際」ってことは生きてるんだしめっけもん。若いころはそれなりに頑張ったんだし、会社にいる間に返してもらうってことでいいじゃない。さぁっ明日がんばろっ! ・・・・ところで・・・あ、あした何しよノ( ̄0 ̄;)\

【伏見稲荷大社その2】伏見稲荷「陽の編」 /京都市伏見区

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
人間なんでもかんでも二つに対比すると分かりやすいもんでおます。

FUSHIMIINARI_YOU-10

で今回はまだまだ引っ張る伏見稲荷大社の、「陽」と「陰」の「陽の編」

FUSHIMIINARI_YOU-9

ま、でも注意せんとアカンですね。2つの大別は分かりやすいけど真っ二つに割りきれないところがホントの世界ですから。

FUSHIMIINARI_YOU-8

しかしこの伏見稲荷は京都最強の心霊スポットではないか・・・と自分は思っておるのです。

FUSHIMIINARI_YOU-6

無信心な私ではありますが、ここは何かビンビン来るんですよね~。

FUSHIMIINARI_YOU-7

えっ? ↑ヘンな妄想はしてませんょ。もちろん。いやまじで。
※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。

FUSHIMIINARI_YOU-5

狐はお稲荷さんの使徒なのでお稲荷さんの実態ではありませんが

FUSHIMIINARI_YOU-4

境内至る所に狐さんの絵や像や人形があるのですけど、その数以上に狐さんの目があるような感じがしてね・・・

FUSHIMIINARI_YOU-3

なんだかそのゾクゾク感って気持ちいいじゃないですか。

FUSHIMIINARI_YOU-2

なので、実はこの「陽」編よりも次回予定の「陰」編の方が好きだったりしているのであります。

FUSHIMIINARI_YOU-1

さあて、竹鳥居の向こうにはまた別の世界が広がっていそうで・・・楽しみじゃぁ。
Photo:SONY ALFA NEX-5N + SIGMA E 30mm f1:2.8他, NIKON 1 J1 + 1Nikkor 30-110mm

【伏見稲荷大社その1】朱色に満たされた異次元空間 /京都市伏見区

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
今日の関西地域は、昨日までの厳しい寒さと打って変わり、師走のあわただしさで疲れたカラダとココロに一息休息を与えてくれるような陽気でした。

SHUIRO_FUSHIMIINARI-8

今日は窓ふきをする予定を急きょ変更。窓ふきは雨予報の明日(12/30日曜日)にしよう!

SHUIRO_FUSHIMIINARI-7

不安は多いんだけど幸せな毎日かずっとずっと続きますようにと・・・

SHUIRO_FUSHIMIINARI-6

あと2,3日したら、このトンネルも人で充満してしまうんで、その前に・・・

SHUIRO_FUSHIMIINARI-5

この朱色の異空間で今年一年を振り返り、また来年の意気込みも新たに・・・

SHUIRO_FUSHIMIINARI-4

歴史も人生のトンネルも、いったいどこに向かってるのか、先はどうなってるのか・・・

SHUIRO_FUSHIMIINARI-3

そりゃサッパリわからないんだけど・・・

SHUIRO_FUSHIMIINARI-2

日々一所懸命生きて行くしかないいんで・・・

SHUIRO_FUSHIMIINARI-1

くたびれてともすれば気弱になる気持ちを、今日は、時ならぬ陽気と稲荷様の霊力でリフレッシュさせて頂くのであります。
Photo:SONY ALFA NEX-5N + SIGMA E 30mm f1:2.8他, NIKON 1 J1 + 1Nikkor 30-110mm(1,8枚目)

世界遺産「醍醐寺」 真言宗醍醐派總本山/京都市伏見区

豊臣秀吉の醍醐の花見で有名な世界遺産「醍醐寺(真言宗醍醐派總本山)」です。
DAIGOJI-08916

こんな有名寺院でも8月の終わりには観光バスもあまり来ないようです。
DAIGOJI-08937

ここは今でも広大な敷地を持ってます。
DAIGOJI-08961

さらにこの暑い中、山登りをいとわねば上醍醐という山上の伽藍も見学できます。
DAIGOJI-08983

そりゃ今回はいかんかったけどね。
DAIGOJI-08999

こう暑いと修行心も萎えますわな(;´Д`)DAIGOJI-09055

そろそろ陽も傾きだして、水面もヌメッと下感じに見えるほど凪いでます。
DAIGOJI-09056

で・・・西日を避けしばし日陰に腰掛けて石など見る。
DAIGOJI-09069

あっ、もう閉門を知らせる鐘の音
DAIGOJI-09082

あうんの仁王様にお別れを言って、おうちに帰りましょう。 Photo: Sony αNEX-5N

ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ