蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

信楽

焼き物の里オヤジ一人旅2013 最終回 /甲賀市(こうかし)信楽町(しがらき) | SONY NEX-5N

※このブログはすべてクリックすると拡大表示いたします。
この土日は雨で、しかも実家のおばばが転倒して骨折と、年寄りにありがちな災禍に見舞われ、撮りため写真の在庫もこれで終わりかな。

SHIGARAKI_YAKIMONO-1

質は相変わらずいまいちだけど、ちゃんと記録保管しておこう。↑こりゃ江戸時代にほんとに使われていた茶壺です。

SHIGARAKI_YAKIMONO-2

ところで「茶壺の追われてとっぴんシャン!」と歌われているので、茶壺は集団で襲ってくるのかしらん、と思ってましたけど、どうやらそうではないようです。

SHIGARAKI_YAKIMONO-3

将軍様にお茶を献上するお茶壺道中の行列、大きな街道沿いに住んでいたら大名の行列に会うことも結構機会があったかもしれません。

SHIGARAKI_YAKIMONO-4

お茶壺道中に出くわしたら戸をピシャン!と閉めて家の中でじっとしときなさいよ。でないと危険だよ・・・と教える歌だとか。

SHIGARAKI_YAKIMONO-5

行列が抜けたらドンドコショ。やれやれって意味だそうで。

SHIGARAKI_YAKIMONO-6

ん? ↑こういう斜面に斜めの屋根を信楽ではよく見かけます。中は登り窯。実は登り窯に偽装して、銀河鉄道999のカタパルトがあったらおもしろいなぁ。まぁ999に偽装の必要はないか。

SHIGARAKI_YAKIMONO-9

植木鉢は最近プラスティック製のものが軽くて頑丈で便利だけど、やっぱり焼き物のていばんのひとつであります。

SHIGARAKI_YAKIMONO-7

青い色をどうやって見つけたんでしょうね。最初素焼きにしてたら何かが溶け出して色が付くやつが出てきたとか。

SHIGARAKI_YAKIMONO-8

こんな植木鉢を持ってたら平城京の時代には天皇に献上できたかもしらんなぁとつまらないことを考える。

SHIGARAKI_YAKIMONO-10

しかし、平城京にタイムトラベルして天皇に謁見するときは、献上品は100円ライターにしよう。これしかない!

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
PHOTO:SONY NEX-5N + Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G SIGMA 19mm/30mm SONY E50mm,TAMRON 90mm

タヌキだけが信楽じゃないでしょ /滋賀県信楽町

※このブログはすべてクリックすると拡大表示いたします。
もちろん、信楽と言えばタヌキの焼き物ですよね。

SHIGARAKI_ANIMALS-1

わかってるとは思いますけど、焼き物と言ってもタヌキの丸焼きとかじゃないですよ。

SHIGARAKI_ANIMALS-3

タヌキも個性派が結構そこかしこにたたずんでいたりするわけですけど

SHIGARAKI_ANIMALS-2

タヌキ以外の焼き物動物さんたちも結構いますねー。

SHIGARAKI_ANIMALS-4

信楽の陶芸家は何でも作っちゃいますね。彼らにできないものなんてないのかも。

SHIGARAKI_ANIMALS-5

↑こういう顔をじっと見ていると・・・あの、キリンのなんていいましたっけ、そりゃこれはきりんじゃないですけど、あのホームレス中学生田村に似て・・・ないか。

SHIGARAKI_ANIMALS-6

それとかね、↑これは生物と呼ぶべきか。生物ですよね。夜であったらちょっとヤダなあ。

SHIGARAKI_ANIMALS-7

だいたいサンショウウオが壁にへばりついてるって、ヤモリかなんかとのざっしゅかもしれませんね。
※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
PHOTO:SONY NEX-5N + Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G SIGMA 19mm/30mm SONY E50mm,TAMRON 90mm

だってこの狛犬さんお気に入りなんだもん・・・陶器神社(愛宕神社) /滋賀県信楽(しがらき)

※このブログはすべてクリックすると拡大表示いたします。
今回も、旅の記録をダラダラと綴っていきます。信楽の里を眼下に・・・

SHIGARAKI_TOKIJINJA-1

信楽高原鉄道信楽駅から南西へ数百メートル、この高さが年寄りにはややつらいけど山の上に陶器神社(愛宕神社)が鎮座しておられるのです。

SHIGARAKI_TOKIJINJA-9

参道で↑こういうとぼけた連中にも出会います。

SHIGARAKI_TOKIJINJA-7

ほいでさ、陶器神社を守ってるのがこの狛犬さんよ。当然陶器ですわ。

SHIGARAKI_TOKIJINJA-8

↑後で引きの写真を見てもらうとわかると思うけど、狛犬君のアップは年寄りには結構きつい撮影なのですよ。

SHIGARAKI_TOKIJINJA-6

そりゃ、灯篭だって当然陶器でしょ。

SHIGARAKI_TOKIJINJA-2

はい↑引きの写真です。小さな神社ですよ。信楽観光でわざわざ訪れる人は少ないでしょうね。

SHIGARAKI_TOKIJINJA-5

後姿だって陶器でしょ。背中に穴が開いてますよ。

SHIGARAKI_TOKIJINJA-3

参拝客もやっぱ陶器のたぬきさんたちですわ。はいポーズ!

SHIGARAKI_TOKIJINJA-4

聞け!狛犬の雄叫びを! つか、狛犬ってワンワンて鳴くの?遠吠えするの?

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。PHOTO:SONY NEX-5N + Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G SIGMA 19mm/30mm SONY E50mm,TAMRON 90mm 甲賀市信楽町長野/陶器神社
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ