蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

大阪の寺

天王寺でモノクロってシンクロしたい気分なの | SONY NEX-5N

※このブログはすべてクリックすると拡大表示いたします。
[↓JR天王寺駅] ん~・・・ん~・・・って、ウンコ? いや、そうじゃなくて時折モノクロってしまうのって何なのさぁ。

TENNOJI-1

[↓あべのハルカス] 色が邪魔であったりするときもありますしね、モノクロの方が想像力が増す場合もありますしね。

TENNOJI-2

[↓街角のお地蔵さん]
 今の人たちは「カラーテレビ」って何故カラーテレビって言うか、おそらくよく知らないですよね。モノクロテレビって見る機会があるのかな。

TENNOJI-4

[↓四天王寺庚申堂] 写真のモノクロはよくありますね。こんなカラーがあふれる時代にもね。ところで、
写真の真って意味知ってます?シンクロのシンなんですよ、ホントは。(もち、あたくしの勝手な推測ですが)

TENNOJI-3

つまり「シャター押した時の撮影者の気持ちとシンクロする」こと。物理的に正確に記録することじゃないんですよね。
なんのこっちゃ?
※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。PHOTO:SONY NEX-5N + 19mm/30mm/50mmほか 大阪府大阪市天王寺区四天王寺

四天王寺の塔はあべのハルカスより高いのか? 和宗総本山四天王寺/大阪市天王寺区 | SONY NEX-5N

※このブログはすべてクリックすると拡大表示いたします。
四天王寺の六時堂から南を眺めております。あぁ、新しい阿倍野のシンボル、あべのハルカス(300m)が見えてますね。

SHITENNOJI-9

↑ご覧のように、「石舞台」があって左右に奏者が入る「楽舎」、さらに向こうに「講堂」「金堂」の大きな屋。そして「五重塔」、見えてないけど「仁王門」と一直線に連なる独特の伽藍構造を持ちます。

SHITENNOJI-8

四天王寺式伽藍配置というんだそうですよ。四天王寺は戦災で焼失してしまったそうですが、飛鳥時代(創建当時)のように再建されているそうです。

SHITENNOJI-1

あの塀の向こうには八角の屋根、法隆寺の夢殿にもしてあるのでしょうか。その一角は聖徳太子を祀る太子殿だそうです。

SHITENNOJI-3

ごごん!とそびえる五重塔(昭和34年築)。

SHITENNOJI-5

主要な伽藍は回廊の中に配置されています。回廊の外から五重塔(左)と金堂(右)を眺めています。回廊の中は有料(300円)です。

SHITENNOJI-7

↑茅の輪くぐり・・・ですか?全然茅がついてないけど違うものかしらん?それとも師走・六月行事のスタンバイ中かしらん?

SHITENNOJI-4

もうじき11月。11月になればまたちっちゃい子供も親も正装して、ここにやってくるんでしょうね。

SHITENNOJI-2

あべのハルカスと高さを競うような四天王寺の五重塔。物理的な高さじゃぁハルカスにかないません。ハルカスもなんだね、ビルから離れると高さを感じますね。

SHITENNOJI-6

おまけ。梶本さんとか梶谷さんとか梶原さんとかの「梶」。神にささげる樹であり、また樹皮は昔の紙の原料になったそうですが、最近はあまり見かけないとか。(四天王寺境内にて)
※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。PHOTO:SONY NEX-5N + 19mm/30mm/50mmほか 大阪府大阪市天王寺区四天王寺

藤井寺には藤井寺という寺があると思っていたら葛井寺(ふじいでら)だった <Nikon1 J1>

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
紫雲山葛井寺(ふじいでら)。規模や伽藍は変わってしまいましたが8世紀からここにあるお寺だそうです。

FUJIIDERA-12

歴史は長いけど、それを説明するのに12枚の写真はいらないかも・・・

FUJIIDERA-11

まあ、とは言え、葛井寺はとっても庶民に愛されていそうなお寺で・・・

FUJIIDERA-10

どなたかが詠われる御詠歌を聴きながら (かなり長い間詠うんですねぇ。ありゃ健康に良いですよキット)

FUJIIDERA-9

しばし境内に佇むオヤジひとりなのであります。

FUJIIDERA-7

もうもうと立ち込めるお線香の煙も何かしら心地よく、仕
事に疲れた心と体を癒して・・・

FUJIIDERA-8

ん?そうそう、仕事してないから最初から癒えてるんだけど、なおいっそうとろけるようなユックリとした時間の中に浸るのでありました。

FUJIIDERA-5

3.5インチの2DD規格フロッピーディスク(見たことない人も多いだろうけど)の容量は720Kバイト。な、何を突然?

FUJIIDERA-6

そんなものがあった時代には、そのフロッピーディスク1枚分のデータをダウンロードするのに約30分もかかったりもしたもんです。


FUJIIDERA-4

当時まだインターネットじゃなかったよね。ここに掲載の写真は平均200Kバイト。なので、ここまで読み進めるのに、ゆうに2時間はかかっていたでしょうね。当時なら。

FUJIIDERA-3

いやどうも、終わりの方までお付き合いいただきましてありがとうございます。

FUJIIDERA-2

720Kバイトどころかその1000倍の720メガバイトをダウンロードしても数分で終わる時代、1バイトもダウンロードせず、情報処理せず、

FUJIIDERA-1

止まったような時間の中で過ごすのは心地よいものです。えっ?ごもっとも。そう言いながら、その間カメラの中にはなんで数百メガバイトもデータが溜まってるのよ???

PHOTO:ニコンNikon1 J1 + FT1 + AF-S 35mm f1.8(7,9,11枚目) / 1NIKKOR 10-30mm(最期の1枚) / 1NIKKOR 18.5mm f1.8 (それ以外)
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ