蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

大阪の神社

全国に約2,300社ある住吉神社の総本社 住吉大社/大阪市住吉区   | Panasonic Lumix GX7

在庫がそうたくさんあるわけではないけれど、ちょっと季節が進む気配があるので早く蔵出ししておかないと季節と合わなくなりそうで、3月8日に参拝した住吉大社(大阪市住吉区住吉)をアップします。

SUMIYOSHITAISHA-13


さて南海電車(本線)の住吉大社駅から徒歩三分、その短い間の路面を阪堺電車が横切ってます。


SUMIYOSHITAISHA-12


阪堺電車の走る通りを横切ると、もうそこは住吉大社の大鳥居。


SUMIYOSHITAISHA-10


そしてすぐにこの太鼓橋。橋脚は淀君(豊臣秀吉の側室)の寄贈だそうですよ。


SUMIYOSHITAISHA-9


全国に約2,300社ある住吉神社の総本社であるほか、下関の住吉神社、博多の住吉神社とともに「日本三大住吉」の一社。また毎年初詣の参拝者の多さでも全国的に有名(ウィキペディア)」。


SUMIYOSHITAISHA-11


住吉大社で結婚式も良いですね!


SUMIYOSHITAISHA-8


おお、こっちも違うカップルが結婚式ですね。


SUMIYOSHITAISHA-7



遣隋使・遣唐使の頃から海の神として信仰を集め、中世には先の淀君や豊臣秀頼とも関係が深い大社だそうです。(ウィキペディアより)


SUMIYOSHITAISHA-4


本殿も広くて立派です。ま、真ったいら!


SUMIYOSHITAISHA-3


が摂社、末社も数多く周辺にあります。初辰(はったつさん)詣りで商売繁盛!


SUMIYOSHITAISHA-6


↑樹齢1000年巨大な楠のご神体の楠珺社(なんくんしゃ) ↓おもかる石がある大歳社 (いずれも末社)。


SUMIYOSHITAISHA-5


ぶら下がる提灯からも信仰の広がりがわかりますよね。


SUMIYOSHITAISHA-2


大楠にかぶさるように建てられた楠珺社(なんくんしゃ) あの赤い提灯の向こう側はもう超でかい楠。で、あの招き猫?は何?


SUMIYOSHITAISHA-1


大変由緒のある神社ですが、すみよっさんと親しみを込めて呼ばれるように、どこか大阪っぽい庶民的なものを感じる神社です。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 45mm/f1.8, M.ZUIKO 9-18mm/f4.0-5.6ほか

難波に春を呼ぶのか生駒山の怪人たち /東大阪市

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします
初詣するでもなし、だらだら歩き回ってカメラスケッチした笑顔のおじさんたち。

KAIJINTACHI_HIGASHIOSAKA-1

別に若いお嬢さんでなくても笑顔は良いものなのだ。

KAIJINTACHI_HIGASHIOSAKA-2

まぁだけど・・・時に笑顔も不気味ではあったりもする・・・

KAIJINTACHI_HIGASHIOSAKA-3

強烈に不気味な御仁もおられるものの、笑う門には福来る。これは真理であると思いますよ、やっぱり。

KAIJINTACHI_HIGASHIOSAKA-4

そんなわけで結びもなんもないわけですけど、実はこれらの御仁よりも何よりも・・・

KAIJINTACHI_HIGASHIOSAKA-6

往来の客に声をかけながら豆を炒るおばちゃんが妙に気になった私であります。

PHOTO:SONY ALFA NEX-5N + SIGMA DN E 30mm, ※1枚目のみ NIKON1 J1 + 1Nikkor 30-11mm

藤井寺市観光その2 辛国神社→道明寺→道明寺天満宮 < Nikon1J1 >

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
藤井寺市(大阪府)の葛井寺(ふじいでら)のすぐ近くに、この辛国神社があります。御祭神は饒速日命(にぎはやひのみこと)、おっ!このブログ2回目の登場で渡来人の物部氏系でしたね。

KARAKUNI_DOMYOJI-7

辛という字をあてていますが「からくに」の「KARA」は韓国の女性アイドルグループ。

KARAKUNI_DOMYOJI-6

じゃないっしょ。「唐」とか「韓(から)」の音と一緒なのでやはり大陸からの渡来系のひとたちと関係が深そうです。

KARAKUNI_DOMYOJI-5

ちなみに「KARA」のカラは「朝」という意味とwikiにかいてありました。

KARAKUNI_DOMYOJI-3

それで、ついでに「藤井」と「
葛井」ですが、どう見ても後者は「ふじい」ではなくて「くずい」ですよね。

KARAKUNI_DOMYOJI-4

藤と葛の共通点は・・・ツルがにょろにょろ伸びるというところでしょか。はて当たってるかなぁ・・・

KARAKUNI_DOMYOJI-2

葛(くず)は奈良県の吉野葛がブランドですが、もともと奈良の国栖(くず、くにす)地方の名産だったのでこの名前がついたとも。

KARAKUNI_DOMYOJI-1

あっ、もう最期だよ。道明寺の柱にすがるクッパ大王や道明寺天満宮のラッキードラゴンはどうなるのよ。ま、いいか。じゃあまたねー。ばいばぁーい(ローラかっ!)
PHOTO:ニコンNikon1 J1 + FT1 + AF-S 35mm f1.8( 6,7枚目) / 1NIKKOR 10-30mm(5枚目) / 1NIKKOR 18.5mm f1.8 (1,2,3,4枚目) 

河内国一宮 片埜神社(かたのじんじゃ)/大阪府枚方市牧野阪 <Nikon 1 J1>

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
降りたことのない駅で降りて
KATANOJINJA_MAKINO_HIRAKATA-1

駅によくある名所旧跡の案内板見て
KATANOJINJA_MAKINO_HIRAKATA-2

とことこ歩いて
KATANOJINJA_MAKINO_HIRAKATA-3

強い風が吹いていて
KATANOJINJA_MAKINO_HIRAKATA-4

またそれがひどく冷たい北西風で
KATANOJINJA_MAKINO_HIRAKATA-5

立ってられない程の烈風もあったりして
KATANOJINJA_MAKINO_HIRAKATA-6

それでも写真撮ることを止めないオヤジは半分病気だとしても
KATANOJINJA_MAKINO_HIRAKATA-7

それを気に留める参拝客はまばらであって
KATANOJINJA_MAKINO_HIRAKATA-8

そいでも残念なのは・・・
KATANOJINJA_MAKINO_HIRAKATA-9

その痛いほど冷たい暴力的ですらあるその季節風が・・・・・・全く写っていないこと (T_T)

photo: NIKON 1 J1 + 1 Nikkor 18.5mm/f1.8 ほか
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ