蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

大阪市

おとうさんの社会見学「・・・アートなごみ処理工場=大阪市環境局舞洲工場」  | Panasonic Lumix GX7

大阪市の湾岸、USJのほど近くの埋め立て地に大阪市観光局のごみ処理施設「舞洲工場(まいはま)」があります。


MAIHAMA_OSAKA-3


フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏のデザインです。素敵ですね!といっときますけど、内心クレヨンしんちゃんに出てくる悪の帝国っぽいなぁと思ってます (^_^;)


MAIHAMA_OSAKA-2



この方はオーストリア(ウィーン)の芸術家で、環境保護を訴え、ウィーンのごみ処理施設や集合住宅でこの独特なデザインを展開していたんだそうです。


MAIHAMA_OSAKA-4


大阪市には、このごみ処理工場のほかに、この工場のすぐ近所に舞洲スラッジセンター(汚泥処理場)や天満のキッズプラザ大阪「子供の街」などが氏のデザインだそうです。


MAIHAMA_OSAKA-6


施設内部は、結構真面目に説明を聞いていたので写真は少し(^_^;)。 ↑ここはごみ収集車が積載してきた生ごみを下す場所(投棄口が9基)。時折抜打ちで正しい積み方かどうか検査をするそうです。ちなみに奥の2台は契約業者、手前が直営の車両。その車両は塗装の色でハイブリッド車、天然ガス車などの車種がわかるそうです。


MAIHAMA_OSAKA-7


↑さてこっちは金属系粗大ごみ。これが粉砕機でバラバラにされて、自動的にアルミや鉄、その他に分別されるんだそうです。巨大な12トンクレーンが活躍します。


MAIHAMA_OSAKA-8


↑こちらはクレーンのオペレータ。ちなみに生ごみも先ほどの収集車の投入口の裏には巨大な生ごみだまりがあって、そこからクレーンで焼却機に投入時ますが、通常クレーンは自動運転だそうです。


MAIHAMA_OSAKA-5


焼却装置は900度以上の熱で5時間、ダイオキシンなど有害物質を出さないように燃やされます。煙はフィルターや薬品で浄化、灰は埋め立て用に利用されます。↑中央コントロール室。ここのデザインも凝ってますね。


MAIHAMA_OSAKA-1


帰りはJR桜島の駅まで歩いて帰りました。結構あります(^_^;)。此花大橋の上から振り向いて眺めた舞洲工場の全景です。こっち側から見て金玉が30は超えてますね。説明員さん、あれ全部でいくつあるっていってたかなー。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ほか

モコジとアムロと大阪城 | Panasonic Lumix GX7

日曜日の寒さとは打って変わって(というには順番が違うけど)土曜日は5月の陽気でした。


WNKO_OSAKA-7


ここは大化の改新の後、600年代半ばころに都だった「難波宮」の跡。「大化の改新と呼ばれる革新政治が行われた場所(ウィキペディア)」です。


WNKO_OSAKA-6


が、そんなこと関係なしに我が家のワンコ(↑モコジ)は草むらでお楽しみでございます。娘夫婦の暮らす家が近いということでワンコ散歩にやってきたのです。


WNKO_OSAKA-1


終始フルパワーのモコジとは対照的に、普段タヌキだニホンザルだと揶揄されているアムロは↑ワンコらしさをアピールしすぎて
早々へばったようです。


WNKO_OSAKA-2


さて、難波宮跡から大阪城公園を半周。それにしてもやっぱりでかい城でございます。


WNKO_OSAKA-3


↑花見酒の飲みすぎでゲロ吐いている狛犬を横目にお濠を回ります。今残っている石垣は徳川時代のものですね。


WNKO_OSAKA-4


丁度良い気候なんぞ一年のうちそう多くは無いけど、その珍しい丁度良い気候の土曜日でありました。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO 45mm/f1.8など

夜のお散歩*新世界から天王寺公園を抜け阿倍野へ | Panasonic Lumix GX7

※このブログはすべてクリックすると拡大表示いたします。
さて週末金曜日の夜、ふらぁ~りと大阪地下鉄動物園前で降りて散歩する。さっそく
、神々しくも可愛らしくもないみんなの福の神!ビリケンさんがお出迎え。

TENNOJI2013-8

動物園前とは、東武動物公園でも旭山動物園でも東山でも上野でもない。天王寺動物園なのだ!(と「!」を付けて主張するほどのことでもない・・・ような)

TENNOJI2013-7

↑夜の通天閣を眺めながら「新世界」を行く。週末の夜だというのに人通りはそんなでもない。

TENNOJI2013-6

でも、新世界もずいぶん雰囲気が変わり行きやすくなったきがする。(地元の人ごめんなさい)

TENNOJI2013-5

串カツ屋の赤ら顔のオヤジににらまれながら通天閣を背中に天王寺公園へ。

TENNOJI2013-4

ここまで来ると、やっぱり相当人が少ない。自分たちが入社した頃・・・はていつのころまでだろうか、ここの長い陸橋上はテント村のような雰囲気だったように思うけど・・・

TENNOJI2013-3

↑今はすっかりこんな感じ。大阪市立美術館が正面、人は2~3三人か? ジョギング、ワンコの散歩、あと天王寺駅(あべの)方面と御堂筋方面を渡る勤め帰りの人若干名。

TENNOJI2013-2

背中には通天閣が真っ暗な空に。空が黒いということは、あまり街が明るくないという事かな。動物園も鳴き声鳴く静かだ。

TENNOJI2013-1

天王寺公園の歩道もほぼ終点、間もなくJR天王寺駅。見上げれば新しい天王寺のランドマーク「あべのハルカス(300m)」がそびえる。 (続く)
※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S. H-HS12035 今夜の御伴はPanasonic Lumix GX7。こやつ結構夜景もしっかり写るではないの。

季節の無い街にも光は秋のそれ・・・散歩じゃないのよ出張わ~っはっはぁ | Fujifilm XF1

※このブログはすべてクリックすると拡大表示いたします。
まあ・・・とりたてて急ぐ時間でもなし・・・

NAKAZAKICHO_OSAKA-8

一分惜しんで喫茶店でも電車でもモバイル仕事やるほど気力もないし・・・

NAKAZAKICHO_OSAKA-7

酷暑の夏ほど歩道は鉄鍋じゃないし・・・

NAKAZAKICHO_OSAKA-6

会社にいても「あの暇な人の方が給料高いのよ」って言われるだけだし・・・

NAKAZAKICHO_OSAKA-5

まあ確かに閑だけど、それで若人のモチベーション下げるのは罪の上塗りだし・・・

NAKAZAKICHO_OSAKA-4

もう市内の出張先についちゃったし・・・えっ!?こんなに近かったん?

NAKAZAKICHO_OSAKA-3

つか、気の効いた喫茶店が見当たらないし・・・

NAKAZAKICHO_OSAKA-2

自販機の品揃えは・・・う~ん、イマイチだしぃ・・・

NAKAZAKICHO_OSAKA-1

でくの坊のように電柱の脇にたたずむ君は・・・なぜおもむろにカメラを取り出すんでしょうね。
※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。PHOTO:FUJIFILM XF1(コンパクトカメラ)撮影場所:大阪市北区
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ