蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

東京の街

お台場サンセット/港区台場 | FUJIFILM XF1

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
[5月17日金曜日晴れ] 東京ビッグサイトでの展示会を見学してゆりかもめに乗る。

ODAIBA_SUNSET-2


なんだかビューティフルなサンセットが見れそうな予感。


ODAIBA_SUNSET-4


ゆりかもめの「お台場」駅で下車する。ここから海浜公園まで歩こう。


ODAIBA_SUNSET-7


↑強い逆光でオートフォーカスがくるってるけど、まあそんなことはどーでもよい。


ODAIBA_SUNSET-5


水上バスも夕陽の中を桟橋へ寄せてくる。なんて水面も穏やかなの・・・


ODAIBA_SUNSET-3


アクアシティーに入ってベンチにしゃがみ込む。ビョーキではない。


ODAIBA_SUNSET-6


アベックたちのように気持ちに張りがないので、空腹と疲労がカラダに堪えるのだ。


ODAIBA_SUNSET-1

あさて日も暮れたし・・・新幹線の時間が迫ってるし、コンビニでパン買って帰ろう。
※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
PHOTO : FUJIFILM XF1 (コンパクトカメラ) 「夕モード」は手軽に夕焼けの記憶色を演出してくれますがちょっと派手かな?

新橋のガード下 | FUJIFILM XF1

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
上京はたまぁの事で、だもんでいろいろ目に入るものが珍しくキョロキョロしてしまう。とても昭和でカラフルなのかセピアなのかわからないカラーの一角もある。

SHINBASHI_MANPUKU-1

人がいっぱい集まるといろんなことを考えて、いろんまモノが融合して新しいものがどんどん生まれる傍ら、

SHINBASHI_MANPUKU-2

残っているのか復刻なのか古新しいのかわからない、そんな昔があったりもする。
※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。  FUJIFILM XF1 (コンパクトカメラ)

僕らの東京タワー!

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
朝ホテルを少し早く出て、東京タワーを眺め芝公園を散歩することにした。が、東京タワーを長時間眺めすぎて芝公園にはけず、頸椎ヘルニアも悪化した・・・。

TOKYO_TOWER-3

幼いころ友達がいなかったボクは、(もちろん今もいないんだけど)
友達にいじめられてよく隅田川の堤防で泣いていたっけ。

TOKYO_TOWER-5

そんな時、夕陽の中にそそり立つ東京タワーに幾度励まされたことか。「おいっ、涙を拭けよ。ボクが指しているでっかい空を見てごらんよ」って。 いや・・・
、隅田川から東京タワーが見えるかどうかは知らんのですが・・・( 一一)

TOKYO_TOWER-4

まあ、そんなこたぁど~でもいいけど、おじさんにはスカイツリーじゃなくて東京タワーでないとダメなのだ。

TOKYO_TOWER-2

考えても見てほしい。日本の大都「東京」と音だけでハイカラな「タワー」なんて言葉が一緒になった300mを越える大鉄塔だぜぇ~。ワイルドだろぉ~? いや、ワイルドなんかじゃなくて未来だったんだよ。あたしにゃぁ。

TOKYO_TOWER-1

少年TAAさんのあこがれだったワケなのよ。ちなみに「TAA少年のあこがれメモ」によれば・・・ 霞が関ビルジング、南極観測船富士、若戸大橋、東京タワー、タンカー出光丸、YS11、ジェミニ計画、科学省とお茶の水博士、ゼロ戦隼人、忍者舞台月光のヘルメットと忍者刀・・・ん?だんだん違う方へ('◇')ゞ

Photo:Nikon1 J1 + 1NIKKOR 10mm/f2.8

建設現場 夜七時、朝日七時 /西麻布

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
ホテルへ帰っても特に何もすることがないのでWBCオランダ戦をダラダラ観る。

 GENBA_NISHIAZABU-3

それでも時間があるので、普段あまり開けることのないホテルのカーテンを開けてみる。↑あっクレーン。

GENBA_NISHIAZABU-2

とかなんとか言ってるうちに夜が明ける。もちろん間は寝てるけど・・・。ん?黄色い建機が朝日に照らされてる。↑

GENBA_NISHIAZABU-1

とかなんとか言ってるうちに作業員の方々が集合だ。まだ薄暗いけどさあ起動。このあと関東地方は春の強風が吹き荒れる凄い天気。高所の作業は気を付けてください。
Photo:Nikon1 J1 + 1NIKKOR 10mm/f2.8 

東京もそろそろ春の陽気で

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
前泊なしの当日移動で、朝九時の会議に京都在住のオヤジが参加できてしまう・・・

tokyo2-1

そして夜、友達ののいない私はそそくさと京都への家路を急ぐ。@日比谷
Photo:Nikon1 J1 + 10mm/f2.8

「おのぼって東京」 田舎のおっさんには東京の街が珍しく・・・ | NIKON 1 J1

※このブログの写真はすべて、クリックすると拡大表示いたします。
たまぁに東京に出るとキョロキョロうろうろしてしまうの典型的なお上りさんではあるけんど

ONOBORI_TOKYO-1

人口の一割もここにいると思えば、コンテンツは7割ぐらい集まっているからそれもしかたねんべぇと思うです。

ONOBORI_TOKYO-2

もっとも、東京に限ったことではなく、地元でもキョロキョロうろうろしておるので根っからのお上りさんなんでしょう。

ONOBORI_TOKYO-3

こうしてシャッター押してる場所というのは、東京の方なら普通の出勤路。東京人になってしまえばきっと何も感じなくなるんだろうなぁ・・・って思います。

ONOBORI_TOKYO-7

通勤なんぞの定例活動はいつの間にか頭を回さずに自然に体が動くようになるし、目は見ているようで見ていなくなるものです。

ONOBORI_TOKYO-8

その余力を違うことに回して、読書や音楽、勉学などに使う。これも同じように習慣化すれば余計なパワーが要らなくなりますよね。

ONOBORI_TOKYO-4

良きにつけ悪しきにつけ、人間は「習慣化」するようにできているのであります。
確かにうりうろキョロキョロしてるわたくしは、家に帰りつけばグッタリで何をする気にもなりまへん。

ONOBORI_TOKYO-6

わたくしのような凡人は「なんとか日常が非日常にならんかなぁ」と思ったりしておるのですが、

ONOBORI_TOKYO-5

今回東京でお会いした、トップランナーと呼ばれるような方々は、トップをランしているので当たり前に「日常は常に新鮮」なのだなぁと思ったりしました。
PHOTO: Nikon1 J1 + 1Nikkor 10mm/f2.8 (1)九段坂の陸橋 (2)六本木一丁目-朝 (3)六本木一丁目-夜 (4)北の丸田安門 (5)九段坂常燈灯台 (6)城山ガーデン (7)(8)東京駅丸の内口
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ