蚊蜻蛉おやじの影撮り草子 かとんぼ

か弱くも空を飛ぶ蚊蜻蛉(かとんぼ)オヤジがあっちこっちで撮った写真をアップしています。(管理人:TAAさん = KATOMBO-OYAJI)

沖縄

いつまでもいつまでもジンベイザメとマンタを眺めていたいもんです/美ら海水族館 Okinawa Churaumi Aquarium

このGWは消費税増税の抗議行動として何処へも行かない!と決めたわけじゃないですけど、あんまり出歩くつもりもないので、蔵出し写真を並べてます。
JINBEIZAME_MANTA-6

沖縄美ら海水族館(海洋博公園)のジンベイザメとナンヨウマンタ。こりゃいつまで眺めていても良いですね。


JINBEIZAME_MANTA-5


ゆぅ~くり、ゆぅ~くり、海中の空を舞うように、マンタとジンベイザメが飛んでゆきます。


JINBEIZAME_MANTA-4


生き物は、それぞれの生き方に会ったようなカタチになってるようなんですが、ということは、人間は望んでもこうゆったりのんびり生きることはできないってことですよね。


JINBEIZAME_MANTA-3


何千何万の生き物は、それぞれのほんのわずかのニッチな空間でチョットでも有利に生きるカタチを術を見つけて頑張っていますねぇ。


JINBEIZAME_MANTA-2


ところが人間は、この姿かたちで全世界、地上も空も海上も海中も、そして宇宙も活動するわけです。


JINBEIZAME_MANTA-1


また、地上無自らが作り出した複雑なシステムや環境に適応しなければなりません。カタチは変えようがないので道具と術、知恵が新生命システムへ変えてゆく。そうそう、あれなんてったっけ?トランスフォーマー。ゆったらアレと同じかも。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ほか

シーサーばっかり焼いてるわけじゃないでしょ/沖縄県読谷村「やむちんの里」  | Panasonic Lumix GX7

沖縄県の読谷村は焼き物の工房が集まるエリアがあります。やむちんの里、やむちんとは焼き物のこと。


OKINAWA_YOMITAN-5


登り窯ですね。関西でよく行く焼き物里はほとんど商品をガスで焼いているよう。クリーンだしコントロールしやすいし、何より煙害がないし。


OKINAWA_YOMITAN-1


でも、ここ読谷村ではいい雰囲気があって「もしかしたら薪で焼いてるんじゃないだろうか」って思ってしまうんですが、あんまり根拠はありません。


OKINAWA_YOMITAN-2


何だか素朴で、信楽焼のような土の匂いのする焼き物ですね。あいや、やむちん。


OKINAWA_YOMITAN-6


結構お値段のはるちょっとしたぐい飲みなんか見つけると、酒も飲まないのにほしくなったり。昔はぐい飲み集めてたんだけどな。


OKINAWA_YOMITAN-4


学生の時の良く言っていた「ほうとう」のお店は、きれいな店のお嬢さんがかごに入れたぐい飲みを持ってきて選ばせてくれたんです。


OKINAWA_YOMITAN-3


ああ、あのお嬢さんももう六十に届いてるかも知れないなぁ・・・ いやいや、ここは沖縄。意識を集中するんだ!


OKINAWA_YOMITAN-7

そうだ、それに「ほうとう」は山梨、沖縄は「そーきそば」じゃないの。すいません、あんまし美味しいとは思わないのですが、今回も一杯は食べて帰ります。

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ほか

沖縄中部のパワースポット残波岬/沖縄県読谷村  | Panasonic Lumix GX7

パワースポットなるスポットが最近あちこち紹介されてますが、ある人は「パワースポットは大地の力(気)がみなぎる場所」と説明しています。

ZANPAMISAKI-3


ここは沖縄県中部の残波岬。大地の地からみなぎる場所、そして岬の名前の激しさとは全く違う「静かさ」があります。真にパワーを持つものは、表面上は極めて穏やかなのかもしれません。


ZANPAMISAKI-2


そのみなぎる力の影響か、ここの干潟にはこれ、アメフラシじゃなくてウミウシ?いやナマコか?こいつがやたらゆらゆら、のそのそ岩の穴から顔を出してます・・・何百も・・・(^_^;)


ZANPAMISAKI-1


おー、おーっ!何やら大地の気が満ちておるのを感じるぞー。海底のプレートから突き出したエナジーは、ここ読谷村残波岬に集中し、ここから宇宙へ放出されておるのじゃ!

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

ゆいレールに乗っていった夜の国際通り | Panasonic Lumix GX7

ゆいレール(沖縄のモノレール)に乗って那覇市の国際通りにやってきた。

OKINAWA_NAHA-1


疲れ果てたボクサーだって


OKINAWA_NAHA-8


意味不明の影だって


OKINAWA_NAHA-9


真っ黒ケーのポルシェだって、


OKINAWA_NAHA-7


みんな、みんな、ここに繰り出せばハッピーになれる気がするよーな楽しい通り。


OKINAWA_NAHA-6


おねいさんが呼んでいる。ねーねー、ハイサイ!


OKINAWA_NAHA-2


ああ、こっちにもねーねーがめんそーりょ、めんそーりょ!


OKINAWA_NAHA-3


やっけーなんくるないさー、やっけーなんくるないさー。ちばりょ!


OKINAWA_NAHA-4


がちまやー、めんそーれ! 
がちまやー、めんそーれ!


OKINAWA_NAHA-5


さて、腹いっぱい食って(といっても老人なのですぐ満腹なんだけど)、気分も満腹。ゆいレールにのっておもろまちのホテルに帰ろっ!

PHOTO: Panasonic Lumix GX7 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8ほか
ギャラリ蚊蜻蛉(カトンボ)
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • 【最終回】桂離宮 /京都市西区桂
  • ライブドアブログ